引っ越しは平日がお得?その理由について解説します

引っ越し準備

引っ越しは平日がお得?その理由について解説します

引っ越しをする場合、土日よりも平日の方がお得だと言われているのですが、その理由についてはご存知でしょうか?

引っ越し料金は基本的に平日でも土日でも変わらないのですが、それでも安くなる理由があるのです。
なぜ違いが生じるのかを、解説します。

引っ越し料金は平日と土日で違う?

引っ越し業者のホームページには様々なプランが記載されていて、プランによって荷物の量や梱包サービス、使用する車両等が異なるのですが、中には平日限定プランというものもあります。

しかし、具体的な料金については記載があまりなく、基本的には見積りで決定します。

なぜかというと、同じプランでも荷物の量や移動する距離によって料金は異なるからです。

そのため、料金を比較したいのであれば複数の業者に見積もりを依頼しなくてはいけません。

平日限定プランとは?

引っ越しの平日限定プランは当然のことながら土日に利用することができないのですが、それ以外の一般的な引っ越しプランは平日も土日も基本的な料金は変わりません。

しかし、割引率に違いがあるのです。

引っ越し料金の割引率は業者によって異なるのですが、利用する人が多い土日よりも平日の方が割引率は大きくなります。

ただし、平日の中でも金曜日は割引率が比較的低いことが多いので、注意しましょう。

特定のクレジットカードを利用した場合は基本料金が25%割引になることもあり、優待サービスなどではそれ以上に割引となることもあります。

平日限定プランとは・・・

平日の方が割引率が大きくなるプラン
金曜日は割引率が比較的低い

平日限定プランは自動で適用されない場合もある

ただし、その場合は事前に申し込みが必要です。

引っ越し料金が平日は大きく割引になるといっても、自動的に適用されるとは限りません。

アーク引越センターのようにホームページ上で毎日の割引率を掲載している場合はともかく、通常は何も告知していなければ基本料金のままとなってしまいます。

割引してもらうには、業者と直接交渉するのが最も確実です。

見積りをしてもらい料金が出されたら、そこから割り引いてもらえるよう交渉しましょう。

複数の業者に見積もりを依頼し、比較しながら交渉すると確実です。

平日プラン適用の注意点

自動的に適用されるとは限らない
・確実に適用するには、見積り交渉が重要

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越し料金が平日でも割引がないケース

引っ越し料金は平日の方が割引となって安くなることが多いのですが、場合によってはたとえ平日でも、割引にならないケースもあります。

それは、どのような時でしょうか?

交渉しなかった場合

引っ越し料金が平日でも割り引かれないケースとしては、上述したように、交渉しなかった場合が考えられます。

自動的に割引してくれる業者でなければ、交渉しない限り割引にはならないのです。

繁忙期の割引は難しいことも…

そしてもう1つが、繁忙期です。

繁忙期は2月末から4月にかけてと9月頃の引っ越しが多いシーズンのことで、この時は平日や土日を問わず多くの依頼があるため、割引はしてもらえないことが多いのです。

特に2月末から4月は新生活を始める大学生や社会人、契約更新を迎えた人等多くの人が引っ越しをするため、平日でも予約は早く埋まってしまい依頼そのものができないケースもあるため、注意しましょう。

そもそも繁忙期の料金は通常時よりもかなり高額となるため、必要に迫られない限りはこの時期を避け、5月以降に引っ越すようにしましょう。

繁忙期では、通常時の2倍以上の料金がかかることもあるのです。

また、料金が明確に提示されている引っ越し業者は少ないのですが、そういった業者に依頼した場合はたとえ平日でも割引がないこともあります。

交渉した結果割引になる可能性はありますが、他の業者よりは可能性が低いでしょう。

繁忙期

2月末~4月、9月頃の引っ越し
・料金が通常の2倍になることも
割引が厳しい時期

まとめ

引っ越し業者の料金は、通常時であれば平日も土日も変わらないのですが、交渉によって割引をしてもらう際に土日よりも平日の方が大きく割引してもらえることが多いため、平日に依頼した場合は必ず料金交渉をしましょう。

ただし、繁忙期は依頼が多いため、割引をしてもらえない可能性が高いという点に注意しましょう。

引っ越しは繁忙期以外の平日に依頼して値引き交渉をすると、かなり費用を抑えることができるのです。

ポイント整理

・平日限定プランは、割引率が高いプランのこと
・繁忙期の引っ越しはお勧めできない
・見積もりをとっての価格交渉がオススメ