家賃滞納すると強制退去させられるって本当?滞納から強制退去までの流れ

引っ越し業者選び

家賃滞納すると強制退去させられるって本当?滞納から強制退去までの流れ

コロナウイルスの影響で仕事量が減り
生活が苦しくなっているご家庭も多いのではないでしょうか。

その場合に家賃を滞納してしまうと
強制退去させられるのではないかという不安があるかもしれません。

家賃滞納を1回しただけで強制退去させられるのかと言えば、そんなことは無いのです。

ただ、家主によっては家賃が少しでも滞納してしまうと
脅して強制退去させようとすることもあるようです。

しかし、今の時代に脅しで強制退去させようという行為は
立派な犯罪になることが多いので、実際にやる人は少ないでしょう。

家賃が滞納すると基本的に「延滞損害金」が発生し
賃貸契約の内容によっては厳しい取り立てが行われる場合もあります。

本記事では、家賃をタイb脳すると本当に強制退去させられるのかや
強制退去の基本的な流れなどをお伝えしていきます。

家賃を滞納してしまうと強制退去させられるって本当?

ドラマのように家賃を少しでも滞納すると
管理人が勝手に家に押し入り荷物を外に放り投げる・・・

そんなのは、今の時代にありえません(笑)

 

さすがに、少しの家賃滞納だけで強制退去にはなりませんし
管理人が借主の家の中に勝手に入ることもありません。

ただ、家賃滞納期間が長すぎる場合は
強制退去となります。

理由と、いつまでに支払うかを伝えれば
たいていは待ってもらえるケースのほうが多いです。

家賃滞納の事実を連帯保証人に知られたくない場合は
1か月以内に家賃を支払うと良いですね。

家賃の振り込みを管理者に電話で連絡をすれば、問題はありません。

家賃の支払いが、1か月でも遅れてしまうと
連t外保証人に支払いの義務が発生します。

なので、家賃滞納は最低でも2か月はすぎないようにし
ちゃんと支払いをしておきましょう。

 

家賃滞納が3か月を過ぎた場合は
大家さん側から契約解除の処置を法的に行うことができます。

最悪なケースは、裁判や強制執行の手続きが始まり
弁護士への相談や依頼金なども発生することがあるのです。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

家賃滞納から強制退去までの流れ

【翌日~1ヶ月以内】
・本人へ電話連絡(2~3回)
・本人へ督促状の送付(2回)

【1~2ヶ月後】
・連帯保証人への電話連絡や督促状の送付
・内容証明郵便で書面が届く

【3~6ヶ月後】
・「契約解除通知」が内容証明郵便で届く
・裁判所へ請求の申し立てが行われる

【6ヶ月後以降】
・自主的に退去
・強制執行手続き
・裁判所による強制退去

 

家賃滞納を、無視し続けていると
裁判所による強制退去が命じられることがあります。

しかし、支払う意思があるにもかかわらず
何らかの理由で支払えない場合は管理者に相談をして
支払期日を決めるしかありません。

支払う意思を伝えれば、対応は変わるので
ダメもとでも相談をしてみるほうが良いでしょう。

家賃滞納をして契約解除の成立が完了してしまう前に
家賃と延滞違約金を支払えば何も問題はありません。

支払う意思があっても何らかの理由で支払えない場合の対処法

コロナウイルスの影響により仕事量が減ってしまうと
生活が苦しくなるのは誰の目にも明らかです。

それでも、人によっては「家賃を払え」と
壊れたロボットのように同じ言葉を連呼する
日本語が通じない管理人もいます。

 

ただ、どうしても家賃を支払えない場合は
管理会社に電話でも良いので現状を説明したほうが良いでしょう。

ダメもとでも、支払日を変更させてもらい
給料が入ったら支払うようにしたほうが色々なトラブルは避けられます。

支払えない言い訳をすると、管理人は壊れたロボットのように
「家賃を払え」しか言わなくなるので、今の状況がどうなのかを
説明をしてから、支払いについてを相談したほうが良いでしょう。

家賃滞納の理由を説明して分割でも良いという話になれば
何とか強制退去は免れるかもしれませんね。

とはいえ、ちょっと支払いが遅れただけでも
すぐに連帯保証人に家賃請求をする管理人もいるので
上記の方法が正解というわけでもありません。

 

まとめ

家賃を滞納しても
すぐに強制退去はありません。

家賃を支払えそうにないとわかった時点で
早めに管理会社に連絡をして相談をしたほうが良いです。

 

管理会社によっては家賃を支払えそうにないと伝えると
連帯保証人に支払い請求をする場合もあります。

基本的に、家賃滞納を3か月間してしまうと
連帯保証人に支払いの請求が行きます。

連帯保証人に迷惑をかけたくない場合は
3か月以内に家賃を支払うようにしたほうが良いでしょう。