引っ越し先として宇都宮市が優れている理由について

引っ越し準備

引っ越し先として宇都宮市が優れている理由について

宇都宮市は、栃木県のほぼ中央に位置し、1896年に市制施行した都市です。
市の東部には鬼怒川が流れ、平野部が広がる一方、北西部には戸祭山、八幡山、二神山がそびえています。
ここからは、引っ越し先として宇都宮市が優れている理由について、さまざまな角度から解説したいと思います。

便利な施設が多い

引っ越し先として宇都宮市が優れている理由としては、まず近隣に便利な施設が多いことが挙げられます。

宇都宮市は栃木県の県庁所在地であり、経済や文化、産業の中心都市です。
企業の営業拠点や大学、高校などが多く、栃木県内に住むとしたら、もっとも勤務先や学校の選択肢が多い街ということになります。

また、宇都宮市はショッピング施設、医療機関なども充実しています。
特に、医療機関は総合病院だけで30ヶ所以上が存在し、一般の診療所を合計すると、その数は360ヶ所以上にも上ります。

子育てしやすい環境が整っている

引っ越し先として宇都宮市が優れている理由としては、子育てしやすい環境が整っていることも挙げられます。

宇都宮市は、妊娠や出産、育児の一貫した支援を行っていて、子育てに優しい街として人気を博しています。
日経DUALによる“共働き子育てしやすい街ランキング”では、千葉県松戸市に次いで第2位に輝いたこともあります。

特に、待機児童解消には力を入れていて、認定こども園や民間保育所を充実させることにより、すべての子育て家族に適切な保育サービスが行き渡るような取り組みを行っています。

このような取り組みが実り、宇都宮市は2022年、ついに待機児童数0を達成しました。

優れたアクセス環境

引っ越し先として宇都宮市が優れている理由としては、アクセス環境が良好であることも挙げられます。

JR宇都宮駅は東北新幹線が停車する他、南北に東北自動車道、東西に北関東自動車道が貫くなど、交通アクセスに恵まれています。

また、宇都宮市のアクセス環境を語る上で欠かせないのが、2023年8月に開通予定のLRT(次世代型路線電車)です。
こちらは、JR宇都宮駅東口から市東部の清原工業団地を経て、隣接する芳賀町の芳賀・高根沢工業団地までを結ぶ路線で、こちらが完成すれば、さらに交通の便は良くなります。

宇都宮市の特徴を整理!

・便利な施設→経済や文化、産業の中心都市
・子育て環境充実→子育てに優しい街
・アクセス環境良好→LRT開通予定

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

まとめ

ここまで、引っ越し先として宇都宮市が優れている理由を3つ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
宇都宮市は利便性に優れているエリアであり、今後さらなる発展が予想される将来性のある都市です。
宇都宮市へ引っ越す際は、引っ越し業者の一括見積もりサービスを利用し、できる限りイニシャルコストを抑えることをおすすめします。