引っ越し見積もりを安くしたい時の値引き交渉のコツ

引っ越し業者選び

引っ越し見積もりを安くしたい時の値引き交渉のコツ

引っ越し業者に見積もりを依頼すると、おおよその金額を提示してくれます。
ちょっとでも引っ越し料金を安くしたい人は、この見積金額をなんとか下げたい、値引き交渉をしたいと考えますよね。
引っ越し業者から見積もりを取る前に、値引き交渉のコツを知っておきたい人のために解説します。

慎重に引っ越し見積もりを値引き交渉する

まずは、一括見積もりをして3社以上の業者から見積もりを取り、料金を比較して一番安い引っ越し業者を見つけます。
ここから値引き交渉をして、さらに料金を安くしましょう。

第一希望の引っ越し業者の見積もりは最後に取る

慎重に引っ越し業者と値引き交渉できる時間がある場合は、第一希望の業者の見積もりを最後に設定しましょう。
他の業者の見積金額がわかれば、第一希望の引っ越し業者との値引き交渉をより慎重にすることが可能です。

営業担当者に即決を迫られても断る

営業担当者が訪問し、荷物の量など様々な下見をした上で見積もりを出すのですが、その時に契約の即決が求められることがあります。
しかし、第一希望の業者の見積もりの順番は最後なので、ハッキリと断りましょう。
もし食い下がってくる営業担当者がいる場合には、今日は代理でいるだけです、という設定にして逃れましょう。

引っ越し見積もりの値引き交渉術

引っ越し業者も先の見えない値引き交渉は嫌いなので、例えば「他社が3万円だったのでそれより下げることはできませんか。」といった具体的な引っ越し料金を提示して、その金額であれば契約する意思表示をしましょう。

また、営業担当者は引っ越し料金の予算を尋ねますが、伝えないでください。
予算内に収めようとしてくれることもありますが、予算より安くはしないと、値引きをしないケースもあります。
「複数の業者さんから見積もりをもらってから決めるので、特に決まっていないです」と、予算の金額を言わないでおきましょう。

一番いいのは、営業担当者が見積もりを終えた後に他の業者の金額を公開してしまうことですが、この方法でも確実に安くなるとは言えないのです。
引っ越し作業員がアルバイトと正社員の場合、どうしても正社員の業者の方が見積もりは高くなってしまいます。

正社員の作業員の方に引っ越しを依頼したい場合は、無料サービスを増やしてもらえないか交渉するのがおすすめです。
引っ越しの見積りの値引き交渉はできなくても、費用の合計金額を安くすることが可能になります。

慎重に引っ越し見積もりを値引き交渉する

・第一希望の業者の見積もりは最後
・即決を迫られても断る
・具体的な料金を提示して交渉する

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

スピーディーに引っ越し見積もりを値引き交渉する

じっくり時間をかけて引っ越し見積もりの値引き交渉ができない場合は、3社もしくは2社から引っ越し見積もりを取ってください。
ただし、第一希望の業者の見積もりは最後に取りましょう。

3社であれば半日で営業担当者が訪問して見積もりを出せるので、たとえ時間がなくても必ず比較しましょう。
おおよその金額や口コミを参考にして、希望する引っ越し業者の予定を最後に残り2つの業者の予定を組んでください。

また、営業担当が訪問した時に引っ越しの見積り金額を提示されても、その金額では決めてはいけません。
2つの業者の見積金額を参考に、この金額なら即決するという提案を依頼者からして値引き交渉をしてください。

スピーディーに値引き交渉

・3社もしくは2社から見積もりを取る
・3社であれば半日で見積もりが可能
最低限2つの業者の料金を参考にする

まとめ

引っ越し見積もりを安くしたい時の値引き交渉のコツを解説しました。
引っ越しの値引き交渉で一番大切なのは、営業担当者が訪問する順番です。
慎重に交渉したい時でも、スピーディーに決めたい時でも第一希望の引っ越し業者の訪問の順番は最後にするのがおすすめです。
また、引っ越し見積もりを安く抑えたい時は、まず一括見積もりをして複数の業者から見積もりを取り、比較することが大切です。

ポイント整理

・大切なのは、営業担当者が訪問する順番
・第一希望の引っ越し業者の訪問は最後
・複数の業者から見積もりを取り、比較すると見積もり額を安く抑えられる