引っ越しの際につい忘れがちな手続き一覧

引っ越し準備

引っ越しの際につい忘れがちな手続き一覧

引っ越しを行う際は、単純に荷物をまとめ、不動産会社や引っ越し業者と手続きを行うだけでなく、他にもさまざまな手続きが必要になります。
中には、ついつい抜けてしまいやすいものもあり、こちらは事前に押さえておくべきです。
ここからは、引っ越しの際に忘れがちな手続き一覧について解説します。

引っ越しの際に忘れがちな手続き一覧

以下のような手続きは、引っ越しの準備でバタバタしていると忘れがちになるため、あらかじめ把握しておきましょう。

・不用品の廃棄手続き
・配達物の手続き
・インターネットに関する手続き
・クレジットカードの住所変更手続き
・引っ越しの連絡、挨拶

不用品の廃棄手続き

引っ越しをするにあたって、不要な家財が出た場合、廃棄をすることになりますが、こちらの手続きは直前まで忘れがちになるため、注意が必要です。

不用品については、市役所に回収依頼をするほか、不用品回収業者を利用したり、フリマサイトやリサイクルショップで売ったりする方法で処分します。

これらの中でも、市役所に回収を依頼する場合は、ルールが細かく定められていることが多いため、早めに連絡し、不要な家財を回収してもらいましょう。
連絡が遅れると、引っ越しに間に合わなくなり、運搬する荷物が増えたり、引っ越し料金が高くなったりする可能性があります。

配達物の手続き

新聞や牛乳、宅配食材などの配達サービスを利用しているという方は、それぞれのサービス会社に対し、引っ越しをする旨を伝えなければいけません。

また、引っ越し先でも継続的にサービスを利用したい場合には、エリアが変わっても同じサービスが受けられるかどうかを確認しておくべきです。

インターネットに関する手続き

インターネットに関する手続きも、引っ越しの際についつい忘れがちな手続きの1つです。
こちらに関しては、個々の事情によって手続きの内容が大きく異なります。

旧居と同じインターネット回線、プロバイダを新居でも使用しようとしている方は、まず新居でも使用可能かどうかを確認し、確認が取れたら継続の手続きを行います。
新居で開通手続きを行わなければ、そのまま継続して利用することはできません。

また、新居で新たな回線を使用する方は、現在利用している回線の契約を解除する必要があります。

ちなみに、ネット回線は、引っ越しの手続きをしてから使えるようになるまで、1~2週間ほどかかります。
そのため、引っ越してからすぐにインターネットを使用したい方は、こちらの期間を考慮して早めに手続きをする必要があります。

クレジットカードの住所変更手続き

引っ越しの際には、クレジットカード会社に登録されている住所の変更手続きも行わなければいけません。

こちらも忘れがちな手続きの1つですが、もし住所をそのままにしてしまったら、旧居の住所に明細書が届くため、不特定多数の人に個人情報を閲覧されてしまう危険性があります。

また、住所変更の手続きについては、カードに記載されている電話番号に連絡し、新しい住所や氏名、古い住所や電話番号を伝えるだけでOKです。

引っ越しの連絡、挨拶

こちらは、正確に言うと手続きではありませんが、周りの友人や仕事先に対し、引っ越しの時期と転居先の連絡をしておくことは大切です。

このような連絡や挨拶をしておけば、新居で何かしらのトラブルがあったとき、対応してもらえる可能性があります。

また、絶対に必要というわけではありませんが、仲が良かった近隣住民の方には、大体の転居先を伝えておくのがおすすめです。

引っ越しの際に忘れがちな手続き一覧

・不用品の処分は早めに行う
連絡を忘れると支障が出てしまう手続き
・引っ越しを周囲に伝えることも大切

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

まとめ

ここまで、引っ越しの際につい忘れがちな手続きを一覧で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回紹介した、引っ越しの際に忘れがちな手続き一覧は、数ある手続きのうちのほんの一部です。
前もってリストを作成し、やるべきことを整理しておかなければ、他にも多くの手続きを忘れてしまうことが考えられるため、注意しなければいけません。