引っ越しをする前に荷物を上手に捨てる方法は?

引っ越し準備

引っ越しをする前に荷物を上手に捨てる方法は?

引っ越しで最も面倒な作業は、荷物の準備と荷解きという人が多いのではないでしょうか。
そんな面倒な荷造りと荷解きを楽にする一番簡単な方法は、段ボールに詰めるものを減らすことです。
ですが、引っ越しの荷物を減らすために、必要な物まで捨ててしまっては本末転倒です。
どうしたら上手に引っ越しの荷物を減らすことが出来るのか、解説します。

引っ越しは荷物を捨てるまたとない機会

引っ越しは、今まで使っていた家の物を荷物として新居に持って行くか片付けるか判断する千載一遇の機会です。
引っ越し前に荷物を減らす利点と、引っ越し前に片づけた方がいい荷物を解説します。

引っ越し前に荷物を減らすと新生活が快適になる

引っ越しをする前に荷物を減らす利点は、面倒な荷造りと荷解きが楽になる、新居が広くなる、引っ越し代を抑えることができるという3点です。

引っ越しの時に荷物が減ると段ボールに詰めるものが減るので、荷造りが楽になります。
引っ越しの荷造りの荷物が減ると、荷解きの手間が少なくなり新生活をスムーズにスタートできます。

また、引っ越しの時に荷物が多くないと新居を広く使えます。
新居が旧居より狭いなら、なおさら引っ越しの荷物を減らすべきです。
新居が旧居より広い場合でも、いらない物を持って行くと収納スペースが少なくなってしまうので、できるだけ引っ越し先には旧居の荷物を持って行かないようにしてください。

引っ越し代には定められた価格がなく、移動距離と時期、荷物の量などで決まるのです。
引っ越しの移動距離や時期は変えることはできませんが、荷物の量は少なくできるのではないでしょうか。
引っ越しの荷物を減らすことは、費用の節約にもつながるのです。

引っ越し前に捨てた方がいい荷物

まず、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は捨てておくのがおすすめです。
長距離の引っ越しで新居での取り付けなどのオプションを依頼する場合は、荷物として持っていくよりも買い替えたほうが安いこともあります。
大型家電が減れば、引っ越しトラックのサイズも小さくなるので、料金も安くなります。

次に、引っ越し先の新居で使うか不明な荷物は捨てることをおすすめします。
引っ越し先の新居で使うかもしれない荷物を箱に詰めても、結局封をしたままの状態で部屋の隅に置かれたままになることがあるからです。
何年も着ていない服や出番が少ない美容器具、普段使わない食器や使い勝手の悪い家具は、処分対象にしましょう。

引っ越しは荷物を捨てるまたとない機会

・荷物を減らすと新生活が快適になる
・費用の節約になる
・大型家電は買い替えた方が安いこともある

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越しで荷物を減らす方法

引っ越しで荷物を減らした方がいい理由と、捨てた方がいいものの解説をしました。
まだまだ、引っ越しで荷物を減らす方法はあります。
それぞれの生活スタイルによって引っ越しの荷物を減らす方法があるので、解説します。

単身者の引っ越しで荷物を減らす方法

単身者の引っ越しは、荷物の中に使っていないインテリア用品や来客用に買った食器がある場合に、新居で必要かどうか一度検討してください。
特に、食器は破損しないように丁寧に梱包しなければいけないので、減らすことで荷造りのストレスが減ります。

結婚や同棲がきっかけで引っ越しをするときに荷物を減らす方法

冷蔵庫や洗濯機、ソファなど1つあればいい物は、相手とよく話し合い、お互い納得した上で捨てましょう。
また、過去に付き合った人との思い出の品などは処分してください。
相手に見つかった場合は、確実にケンカの元になります。
引っ越しをして2人で暮らすうちに荷物は増えていくので、思い切って捨てましょう。

家族の引っ越しで荷物を減らす方法

家族の引っ越しは、着なくなった服やサイズが合わない靴、遊ばなくなったおもちゃや古くなったタオルなどが多い場合があるので、そういった不用品は荷物にせず捨てるようにしましょう。

緩衝材はどうやって用意する?

・普段使いしない物は処分する
・1つあればいい物は話し合って処分する
子ども関係の不用品を処分する

まとめ

引っ越しをする前に、荷物を減らすにはどうしたらいいのか解説しました。
引っ越しをする前に荷物を減らすのは、様々な利点があります。
新しい生活をスムーズにスタートさせるためにも、思い切って捨ててしまいましょう。
引っ越しの前に荷物を減らしてから一括見積もりをして、複数の業者から見積もりを取り、安い業者を選んでお得に引っ越しをしましょう。

ポイント整理

・荷物を減らすと、費用や生活面でメリットがある
・新生活のために捨ててしまうことも大切
・荷物量を減らしてから、一括見積もりを利用しよう