初めての引っ越し!一人暮らしの人は何をすればいいの?

引っ越し準備

初めての引っ越し!一人暮らしの人は何をすればいいの?

初めての引っ越しだと、何から始めたらいいかわからないと感じる人も少なくありません。
それが、実家を出るための引っ越しで、初めての一人暮らしなら尚更です。
初めての引っ越しで、かつ初めて一人暮らしをする人のために、引っ越し前にすること、当日にやること、引っ越し後にやることの3つを解説します。

引っ越しが決定して、一人暮らしの場合は何を準備する?

就職や進学をきっかけに、引っ越しをして一人暮らしを始める人も多いでしょう。
新生活を円滑に始めるためにも、引っ越しをする前に何から手をつけたらいいのか解説します。

引っ越し前にすることは、主に6つあります。
一人暮らしをする新しい部屋を決めて、引っ越し方法を決めます。
次に不用品を処分して、新生活で必要な物を揃え、インターネットの契約手続きをしたら、市区役所で引っ越しの手続きをします。
それぞれ気をつけるポイントがあるので、参考にしてください。

自分の希望に合った新居が決まったら、入居申込書を不動産会社に提出しますが、連帯保証人を記入する必要があるので、両親や兄弟などに依頼しましょう。
もし該当する人がいない時は、保証会社などを利用してください。

入居する日は、引っ越し日程も考慮して決めないと、住んでいない一人暮らしの部屋の家賃を支払うことになります。
賃貸物件と契約するときは、初期費用が必要です。
だいたい、家賃の4カ月分から6カ月分くらいを見込んでおきましょう。

次は引っ越しの方法を選定します。
初めての引っ越しであれば、単身パックと単身プランがおすすめです。
単身パックは、引っ越し料金が安いメリットがありますが、荷物が少ない人向けのパックです。

そして、引っ越し前に一人暮らしの新居へ持って行かない不用品を処分しましょう。
どうしても処分できない場合は、実家で保管してもらうようにお願いしてください。
収納も限られているので、引っ越しの時は一人暮らしをする部屋に持っていく荷物を、最小限にする必要があります。

いよいよ、引っ越し後の一人暮らしで必要な物を揃えていきます。
引っ越し当日から使うカーテンや洗面用具、トイレットペーパーは最初に用意しておくのがおすすめです。

市区役所では、転出届を提出して住民票の移動手続きをしますが、生活の拠点が実家の場合は提出しなくても大丈夫です。
国民健康保険の場合も住所変更をしますが、転出届を出さないなら必要ありません。

一人暮らしの引っ越し準備

・新居が決まれば入居申込書を提出
・引っ越し日程を考え、初期費用を準備
・不用品を処分し、入居に必要な物を準備

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越し当日とその後に一人暮らしの人がやること

引っ越し当日に一人暮らしの人がやることと、引っ越し後にやることがあります。
それぞれ解説するので、引っ越しの参考にしてください。

引っ越し当日に一人暮らしの人がやること

引っ越し当日は、新居のカギを受け取り、ライフラインの手続きをします。
新居のカギは、基本的に入居日に受け取れるのですが、引っ越し作業が入居日の朝の場合は、事前に不動産会社に連絡をして、前日までに鍵を受け取れるよう相談しましょう。

ライフラインの手続きですが、ガスの使用開始は係員の立合いが必要なので、事前に連絡をしておいてください。
水道や電気は、外で操作できるため立合いは必要ありません。

引っ越し後に一人暮らしの人がやること

引っ越し後は、荷解きをして、市区役所で引っ越し後の手続きをし、運転免許証やクレジットカードがある場合は住所変更をします。
荷解きは、面倒だからといって放っておかずに早めに終わらせましょう。

市区役所に転出届を提出したら、転入届の提出も必要です。
その時は転出証明書の提出も必要なので、気をつけてください。
運転免許証は、身分証明書としても使用するので、警察署か運転免許センターで住所変更をしましょう。

引っ越し当日とその後にやること

・新居のカギを受け取る
・ライフラインの手続き
住所変更などの手続き

まとめ

初めての引っ越しで、一人暮らしの人は何をすればいいのか簡単に解説しました。
引っ越し前と引っ越し当日と、引っ越し後でやることが山のようにあります。
何をするのかtodoリストを作ると、抜かりなく引っ越しができます。
引っ越し代は、一人暮らしの場合あまりかかりませんが、もっと安くしたいのなら一括見積もりをして、複数の業者から見積もりを取り、一番安い業者に依頼しましょう。

ポイント整理

・引っ越し前と引っ越し当日、引っ越し後で必要な準備や手続きがある
・todoリストを作っておくと、新生活を始めるまでの流れが分かりやすい
・一人暮らしの引っ越しでも、一括見積もりをして安い業者を探すと良い