賃貸物件を探すなら妥協はしないといけない?妥協をしても良いものを紹介

入居時に関すること

賃貸物件を探すなら妥協はしないといけない?妥協をしても良いものを紹介

賃貸物件を探す場合は、いくらかは妥協しないと
良い物件に巡り合えない場合があります。

ですが、間違った妥協をしてしまうと
優良物件を見逃してしまうこともあるのです。

本記事では、妥協してもよさそうなものを
紹介していきましょう。

希望の賃貸物件を探すなら妥協は大事

賃貸物件を探す場合は、出来るかぎり
理想の物件を探したいところです。

そのため、こだわりの賃貸物件を探してしまいますが
中々希望の物件は見つからない場合が多いでしょう。

 

なかなか良い物件に巡り合えない場合は
妥協をしないといけないと考えてしまいます。

確かに、妥協をすることは大事です。

しかし、色々な条件を妥協していく中で
ドンドン最初のイメージからかけ離れてしまいます。

最初のイメージとかけ離れすぎると
いざ、住んでみると後悔してしまうことが多くなるのです。

 

色々な条件にこだわりすぎると
本当に自分に適して物件を見逃す可能性があります。

なので、賃貸物件を探す場合は幅広く探し「あれば良いな」くらいの感じで
賃貸物件を探す必要があるのです。

そのなかで、妥協する優先順位を付けていくと良いかもしれませんね。

賃貸物件で妥協しても困らないものとはなに?

賃貸物件を始めて探す場合は
何を妥協すればよいのかがわからないかもしれません。

筆者は色々な賃貸物件を探して
引っ越しては住みを繰り返してきました。

 

その中で、妥協しても困らないものを発見したので
紹介していきましょう。

お風呂の広さや機能

お風呂の広さや機能などは
特に妥協しても困ることはありません。

家族で住むとしても、小学生以下の子供と一緒に入るとして
お風呂の大きさは、あまりこだわる必要はないといえます。

 

さらに、機能に関しても
特にこだわらなくても困ることは無いでしょう。

確かに、お風呂の便利機能などは
魅力に感じてしまうかもしれません。

ですが、お風呂の機能というのは
思ったほど使わないし、ほとんど気にならないレベルといえます。

なので、賃貸物件探しではお風呂の広さや
機能などは妥協しても良い部分だといえます。

部屋の階数

部屋の階数についても引っ越し作業を
業者に任せる場合は、困ることはほぼありません。

確かに、高い層に住む場合は見晴らしがよいですが
エレベーターがない場合は、階段で降りないといけないのです。

 

部屋の階数が高くなればなるほど
下に降りるのが面倒になってくるでしょうね。

高層マンションでもポストは1階にあるので
郵便物は1階まで下りて取りに行く必要があります。

とはいえ、外から帰宅したときに
ついでに郵便物も見ると思いますが・・・

階数の高い部屋などに住むと色々と面倒に感じるので
妥協しても良いと思えます。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

賃貸物件探しで妥協したくないポイントは絞ったほうが良い

物件探しをする上で、少しは妥協しないと
良い賃貸物件を見つけることが難しくなります。

しかし、「これだけは絶対に、だきょうしたくない」というポイントを
3つくらいは残しておき、賃貸物件を探すと良いでしょう。

 

たとえば、キッチンは広いほうが良いという条件は残して
それ以外のことは妥協するという感じでも良いかもしれませんね。

賃貸物件は何となく探すのではなく
妥協したくないポイントだけを残し探すほうが後悔は少ないでしょう。

まとめ

賃貸物件を探す場合は
理想に近い家に住みたいのではないでしょうか。

ですが、理想をすべて満たした条件の賃貸に住もうとすると
家賃もかなり高く設定しておかないと無理です。

 

家賃は5万円くらいで探している場合は
かなり妥協しないと、良い物件は見つかりにくいかもしれませんね。

しかし、妥協したくないポイントを
いくつかに絞って探すほうが後悔は少ないでしょう。