家賃の支払いだけで生活が苦しくなることを避ける方法

入居時に関すること

家賃の支払いだけで生活が苦しくなることを避ける方法

家賃の支払いだけで生活が苦しいという場合は
年収に応じた賃貸を選んでいないということになります。

確かに、間取りや日当たりのよさも重視すべきですが
それよりも重要なのが家賃の支払いができるかどうかです。

本記事では、家賃を支払い続けるために
生活が苦しくならない方法についてお伝えをしていきます。

家賃の支払いは年収に応じて決めたほうが良い

月収が少ないのに家賃が月の給料の半分を持っていくというのは
かなり背伸びしすぎた賃貸といえます。

一般的に家賃は、収入の25%と言われています。

 

具体的に言えば、年収が200万円なら
家賃は4.2万円くらいのほうが生活が苦しくならないでしょう。

年収が300万円の場合は
家賃が6.25万円くらいなら無理なく支払うことができます。

だいたい、年収が100万円あがるたびに
家賃の目安が2万円ずつ上がると考えると良いでしょう。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

家賃は年収の30%が良いというのは昔の話!

令和と年号が変わり、年収が低いという人は
昭和のころに比べて多くなりました。

また、昭和の頃よりも給料の上がり方も
極端に低いのではないでしょうか。

 

そんな中で、昭和のころと同じ考え方で
家賃は年収の30%が良いという考え方をすると
生活は困難を極めることは間違いありません。

消費税が上がり物価もどんどん上昇していく中で
給料だけは、上昇しないのです。

その中で、家賃が年収の30%が最適だという考え方をすると
生活を続けることが難しくなるのは当然といえます。

また、大企業であっても売り上げが少なくなると
作業員を解雇しようと考えます。

確かに、現在は簡単に解雇できない状態ではありますが
法律の抜け穴を見つけて、作業員を大量に解雇する可能性も否定できません。

そうなると、これまでの年収で問題なく生活できたとしても
給料が激減した場合は支払い続けることが困難となるのです。

そう考えると、月収が30万円でも
かなり安い3万円くらいの賃貸でも良いと筆者は思います。

 

まとめ

家賃は収入の25%のほうが
無理のない生活ができます。

あなたの収入と家賃を照らし合わせて
本当に生活ができるかどうかを考えたほうが良いでしょう。

そうすることで、無理のない生活が送れるというものです。