新居の手続き一覧を解説

入居時に関すること

新居の手続き一覧を解説

引っ越しを終えて新居に入居すると、新しい生活が始まります。
しかし、せっかく新しい生活を始めても、必要な手続きを忘れていては後から慌てることになるでしょう。
新居に入居して行う手続きには、どのようなことがあるでしょうか?
新居の手続きを、一覧にして紹介します。

新居の手続き一覧

引っ越しの際は、引っ越しの前から様々な手続きが必要となります。
しかし、引っ越しをして新居に入居した後も、色々と手続きをしなくてはならないのです。
新居で行う手続きは、以下の表のようになっています。

手続き手続きの注意点手続きのタイミング手続きをする場所
転居届・転入届の提出転出届と印鑑を用意して手続きをする引っ越しから14日以内新居のある市区町村役場
国民健康保険の加入・住所変更国民健康保険に加入している場合のみ引っ越しから14日以内新居のある市区町村役場
国民年金・厚生年金の住所変更国民年金手帳と印鑑、本人確認書類が必要引っ越しから14日以内新居のある市区町村役場
マイナンバーの変更マイナンバーカードか通知カードを準備引っ越しから14日以内新居のある市区町村役場  
印鑑登録と証明書の住所変更手続き登録する印鑑と身分証明書を用意期限なし新居のある市区町村役場  
児童手当の変更新旧それぞれの市区町村役所で手続きが必要引っ越し予定日の15日以内新旧それぞれのエリアの市区町村役所
運転免許証の住所変更運転免許証と住民票、印鑑などが必要速やかに管轄の警察署・運転免許試験場
自動車登録変更、車庫証明発行車検証の記載内容変更住所変更から15日以内新居の所轄の陸運支局
バイクの登録変更車検証の記載内容変更住所変更から15日以内新居の所轄の陸運支局か市区町村役所
パスポートの更新スマホでも可能なし地域のパスポートセンター
転入学届の提出在学証明書・転入学願いが必要なるべく早く市区町村役所もしくは学校
母子手帳の変更手続き基本的に不要特になし妊娠中は現在の住所の市区町村役所
飼い犬の登録注射済票など引っ越しから30日以内新居のある役所から保健所
新居の手続き一覧

・期限のある手続きもある
・役所の手続きは必要な書類など忘れない
・適宜リストアップして確認しよう

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

特に注意が必要な点

新居の手続きの中でも、特に注意が必要なものがいくつかあります。
中には、期限内に行わなければ罰則がある手続きもあるため、必ず期限内に行うようにしましょう。

転居届・転入届

転居届や転出届は、本人確認書類と印鑑、転入届の場合は転出証明書も必要です。
原則として本人が手続きをする必要があり、代理人に任せる場合は委任状が必要となるため、用意しなくてはいけません。

印鑑登録の手続き

印鑑登録は市区町村で管理しているため、別の市区町村に引っ越す場合は新たに登録しなくてはいけません。
印鑑登録は義務というわけではないので、手続きが遅れても罰則等はないのですが、契約などで実印が必要になった時に困るかもしれません。

運転免許証

運転免許証の住所は、引っ越しをした場合に変更手続きを行いましょう。
具体的に期限は定められていないものの、変更していないとトラブルが起こるかもしれないため、なるべく速やかに変更してください。

飼い犬の登録

意外と忘れられがちなのが、飼い犬の登録変更手続きです。
猫やウサギ、小鳥などは手続きをしなくてもいいのですが、飼い犬の場合は旧居で登録した際に交付される観察や狂犬病の予防注射済証、印鑑などを持って行き、登録変更手続きをしなくてはいけません。

特に注意が必要な点

・代理人が手続きする時は委任状が必須
・変更手続きをしないと後から困ることも
・飼い犬の登録は忘れない

まとめ

引っ越しは、引っ越す前にも様々な手続きが必要ですが、引っ越しをしてからも多くの手続きをしなくてはいけません。
手続きは、期限などがないものの行わないと不便なもの、期限が定められているが罰則はないもの、期限があって罰則もあるものがあります。
期限があるものは、必ず期限内に行いましょう。
特に、期限を過ぎると罰則があるものは忘れないように注意してください。

ポイント整理

・引っ越し後にやるべきことはたくさんある
・手続き期限を守らないと、罰則やトラブルになってしまうことがある
・忘れないように確認しながら、必要な手続きをしていこう