独身なら賃貸のほが良い?持ち家のほうが良い?どっちが最適か紹介

入居時に関すること

独身なら賃貸のほが良い?持ち家のほうが良い?どっちが最適か紹介

独身の人が家を探す場合は
賃貸のほうが良いのか持ち家のほうが良いのか
どちらが最適か悩んでしまうかもしれません。

この先、結婚の予定が定かではない場合は
賃貸のほうが良いケースもあります。

しかし、婚活を現在行っていて
彼女が出来そうだという場合は持ち家のほうが良いかもしれません。

本記事では、独身の人が家探しをする場合は
賃貸が良いのかや持ち家が良いのかについて検証をしていきましょう。

独身の人が賃貸の家に住むメリットはある?

独身の人が賃貸に住むメリットと言えば
柔軟に住む場所を変更することができるということです。

たとえば、隣の部屋とトラブルが起きた場合や
うるさいと感じた場合は、すぐに引っ越しができます。

 

独身の場合は身軽に引っ越せるというメリットもありますし
必要な費用を自分で把握して、好きなように決めることも可能です。

家族連れで賃貸に住むという場合で子供がいたなら
転向させるための手続きや他にも、色々な手続きが必要になります。

家族で賃貸に住んでいて、引っ越しをするという場合は
荷物が多すぎるのと、子供がいたら転向を何度もさせるわけにはいかないので
隣人とのトラブルがあっても我慢するしかない場合のほうが多いでしょうね。

独身の人が賃貸に住むデメリットはある?

賃貸の場合は、終わりのない家賃の支払いがあり
ほとんど、持ち家にならないケースのほうが多いです。

場合によっては、賃貸でも持ち家になるケースもありますが
そういうのは、ほぼ稀だと思ったほうが良いでしょう。

 

基本的に持ち家にならないので
資産にはできません。

年齢を重ねていき、高齢になってくると
賃貸物件を借りにくくなってきます。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

独身の人が持ち家を買うメリット

独身の人が持ち家を買うメリットは
自分の家なので好きなように使えるということです。

たとえば、部屋にくぎを打ち付けて
何らかの棚を作ったとしても、誰も文句は言いません。

 

賃貸の場合は柱に穴をあけてしまうと
引っ越すときにお金を請求されます。

しかし、持ち家の場合は
自分の家になるので、好きなようにできるのです。

また、老後の住まいも確保できるので
家賃の心配もしなくて良いです。

たしかに、住宅ローンによって
生活は苦しい時期もあるかもしれません。

住宅ローンが終われば
楽な生活が待っているのは間違いないでしょう。

 

独身の高齢者は賃貸を契約しにくくなるので
現役時代に持ち家を買っておけば老後の住まいも心配することは無いでしょう。

独身の人が持ち家を買うデメリットはある?

転勤で家に住まなくなった場合は
資金運用か売却を考える必要があります。

さらに、持ち家の場合はローンにより
生活が苦しくなるケースも考えられます。

 

住まない場合は、賃貸として
人に家を貸して家賃収入を得るという方法もできるので
持ち家は、デメリットよりもメリットのほうが大きいかもしれませんね。

まとめ

独身の人が家探しをする場合は
賃貸か持ち家か悩むところでしょう。

たしかに、持ち家の場合は
老後の住まいを確保できるので安心できるというメリットがあります。

 

さらに、持ち家は資産になるので
住まないなら売却もできますし賃貸として人に貸すこともできるのです。

持ち家の場合は、自分の好きなようにできるので
快適に住むためにDIYを楽しみたいという場合は
持ち家に住んだほうが良いでしょう。