新居の準備で必要なことは?

入居時に関すること

新居の準備で必要なことは?

引っ越しの際は、旧居を引き払って新居に入ることになります。
しかし、新居はいきなり荷物を運び入れるのではなく、先に準備をしなくてはいけません。
新居の準備に必要なことは、どのようなことでしょうか?
新居の準備に必要なことを、解説します。

新居の準備に必要なのは?

新居に入居する前は、いくつか準備が必要です。
具体的には、何をすればいいのでしょうか?
新居の準備に必要なことについて、解説します。

床や壁の準備

新居に入居した後は、できるだけきれいな状態を長く保ちたいでしょう。
荷物を運び込む前に掃除をするのは当然ですが、荷物を運び込んだ後も汚れにくいように工夫しておきましょう。

洗濯機や冷蔵庫のような大きい家電や、テーブル、タンスなどの家具は、あらかじめ保護シートを設置した上に置くようにしましょう。
保護シートがあれば、床に傷がつきにくくなります。

綺麗に見えても細かいほこりや砂などがあるため、床や壁はしっかりと拭いてから入居しましょう。
窓も、窓用ワイパーで拭き掃除をしておいてください。

害虫を防ぐ

害虫の対策は、入居前に行うとスムーズにできます。
主な害虫対策には、排水口や換気扇からの侵入を防ぎ、毒餌剤を置き、燻煙剤を使用するなどの方法があります。

また、外につながっているエアコンの配管から侵入することがあるため、防虫用のキャップを着けて侵入を防ぎましょう。
薬剤が練り込まれているので、大きな虫だけではなく小さな虫も防いでくれます。

水回りの準備

キッチンやトイレ、洗面台、お風呂などの水回りは水垢やカビが発生して頑固な汚れが付きやすい場所です。
入居する前に対策をしておけば、入居してから快適に使えるでしょう。

最も確実なのは、汚れが付着しないようコーティングすることです。
ホームセンターで売られているので、一度チェックしてみましょう。
コーティングをしておけば、掃除もしやすくなります。

他の準備

入居する前に、窓のサイズを測ってカーテンを用意しておきましょう。
カーテンがないと、室内は丸見えになってしまいます。
窓が複数ある場合は、サイズが異なるかもしれないので、1つずつ測るようにしてください。

家具などの配置も、入居前に決めておくと入居時もスムーズに進められます。
家具のサイズと間取りを見て、置くことができる場所をある程度決め、当日に微調整をするといいでしょう。

新居の準備に必要なのは?

・事前に掃除し、保護シートをしいておく
・害虫や水回りのカビ対策をする
・カーテンのサイズを測り準備する

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

賃貸の新居の準備に必要なこと

新居には、賃貸と持ち家の2つがあります。
持ち家の場合はあまり関係ないものの、賃貸の新居であれば準備に必要なことがあるので、解説します。

入居前に写真を撮っておく

賃貸住宅の場合は、入居前に床や壁などの写真を撮って、現状を確認できるようにしておく必要があります。
退去する際、原状回復を求められるからです。

賃貸物件の多くは、入居する時に敷金を支払い、退去する際は原状回復の費用を敷金から引いて、残りを返金します。
原状回復の規模が小さいほど、多く返金されるのです。

しかし、入居時からあった傷などを修理する費用を取られるようなことがあれば、納得がいかないでしょう。
最初に写真を撮っておくことで、最初から傷がついた状態だったと主張することができるのです。

写真を一切撮影していないと、不当に請求された場合でも違うとは言えません。
後から損をしないように、備えておく必要があるのです。
なるべく隅々までわかるように、撮影しましょう。

賃貸の新居の準備に必要なこと

・入居時に写真を撮っておく
・入居時からあった傷だと写真で主張できる
・写真がないと不当請求に対処できない

まとめ

新居に引っ越すのは楽しみな点も多いのですが、引っ越しをする前に準備をしなくてはいけないこともあるため、気持ちよく生活するためにも必要なことはしっかりと準備してから入居しましょう。
床や壁に傷をつけないよう気をつけ、害虫なども侵入しないようあらかじめ対策しておくべきです。
賃貸住宅の場合は、入居時の状態が分かるように写真を撮ることも大切です。

ポイント整理

・気持ちよく生活できるように、カーテンの準備やカビ対策などのグッズを用意する
・床などに傷をつけないように気をつける
・入居時に傷のある個所があった時は、写真を撮っておく