引っ越しは平日と土日で料金に違いはあるの?

引っ越しの注意点

引っ越しを土日に行う場合、料金に違いはあるのでしょうか?

平日は仕事をしているという人の場合、引っ越しは土日にしたいと思うことは多いでしょう。

しかし、引っ越し料金は平日よりも土日の方が高いと言われています。

料金は、どのくらい違うのでしょうか?

引っ越し料金の平日と土日の違い、それよりも高いケースについて解説します。

引っ越し料金は土日だと高い?

平日は働いていて仕事を休むのが難しい場合、引っ越しは土日に行いたいという人は多いでしょう。

しかし、そのせいで高い料金を支払うことになるのであれば、どうにか平日で都合をつけたいと考えるかもしれません。

そもそも、引っ越し業者は土日でも利用できるのでしょうか?

引っ越しの予約は、やはり平日よりも土日に集中しています。

土日の引っ越しとは?

そのため、定休日がある引っ越し業者でも土日は営業しているため、対応できないということは基本的にありません。

引っ越し料金は荷物の量と引っ越しの距離によって異なりますが、料金の平均を見ていくと単身者の場合は同じ都道府県内の引っ越しであれば平日と土日の料金は若干の違いはあるものの、数百円から数千円程度です。

別の都道府県に引っ越しをする場合は、むしろ土日の方が安くなったというケースもあります。

ただし、それも若干の料金差なので、単身であれば平日と土日の料金差はほとんどないものと考えていいでしょう。

家族での引っ越しの場合、同じ都道府県内での引っ越しは平日と土日でほとんど変わらず、別の都道府県への引っ越しでもそれほどの違いはありません。

そのため、引っ越し料金は平日と土日での違いはほとんどないと言えます。

ただし、これは値引き交渉をしなかった場合です。

基本料金は同じでも、引っ越し料金は値引きしてもらうよう交渉することも出来るのですが、その際にどれだけの値引きに応じてくれるかは平日と土日で異なるのです。

例えば、アート引越センターではホームページ上で、土日は予約が多いので引っ越し料金はあまり値引きできないものの、平日は大幅な値引きができることもあると明言しています。

アーク引越センターでは引っ越しお得日カレンダーというものを公開していて、日にちごとに割引の割合を明記しているのですが、そこでは平日であれば最大30%オフなのに対して土日は10%オフか割引なしとなっています。

土日の引っ越しは・・・

・実は平日とあまり料金が変わらない
・都道府県をまたぐ時は逆に安くなることも
・平日に比べ割引率が低い

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越し料金が高くなる土日以外の理由

引っ越しをするのが土日でも、料金は平日とそれほど大きな違いはないのですが、それ以外の理由で高くなることはあります。

どのような場合に、料金は高くなるのでしょうか?

土日に関係なく繁忙期・祝日は引っ越し料金が高い

明確に高くなるのが引っ越しの繁忙期である3月から4月、ならびに9月で、この時期は土日ではなく平日であっても料金の値引きはなく、むしろ割増料金が発生してしまいます。

特に3月から4月は、それ以外の時期の2倍前後の料金になってしまうことがあるため、引っ越しのタイミングを考えるのであれば土日かどうかよりも繁忙期を避けることを考えた方が良いでしょう。

特に、移動距離が長い場合は料金の差も大きくなってしまいます。

とはいえ、引っ越しができるタイミングは限られていることも多いので、土日以上に繁忙期を避けるのは難しいことが多いと思います。

もう1つ高くなるタイミングは、祝日です。

とはいえ、通常の時期の祝日の引っ越し料金はむしろ土日よりも安くなることが多いのですが、繁忙期の祝日は顕著に値段が高くなってしまうため、注意しましょう。

土日に関係なく・・・

・繁忙期は料金が高い
・移動距離が長くなると料金が高くなる
祝日は料金が高い

まとめ

引っ越しを考えている時、土日しかできないという人は多いため料金が高くならないか心配する人もいるのですが、実際には基本料金でいえば違いはなく、平日の方が割引に応じてもらいやすいため、その分安くなる可能性があるという点に違いがあります。

それよりも繁忙期の方が高くなる可能性も高いため、なるべく安く引っ越しをしたいのであれば土日よりも繁忙期を避けるようにしましょう。

ポイント整理

・土日の引っ越しは割引率が低い
・土日に関係なく、繁忙期と祝日は料金が高い
・複数の業者からの見積もりをとることが大事