引っ越しのベストシーズンは秋!?利点と注意点を解説します!

引っ越しの注意点

引っ越しのベストシーズンは秋!?利点と注意点を解説します!

引っ越しの依頼が少なくなる秋は、業者にとってのオフシーズンにあたります。
料金相場も安く、引っ越しは秋にするのがお得です。
また、秋は引っ越しをする人が多い季節でもあるので、物件が見つけやすい一面もあります。
引っ越しを秋にした場合の利点と注意点を解説するので、参考にしてください。

引っ越しを秋にした場合の利点

猛暑が終わり、気温もだんだんと下がってきて過ごしやすい季節である秋は、引っ越しがしやすくなる最適な季節です。
季節だけではありません、他にも利点があるので解説します。

引っ越しを秋にした場合、料金が安い

引っ越しの依頼が少なくなる秋は、料金相場も春や夏に比べて安い傾向にあります。
9月から10月は転勤シーズンですが、引っ越し依頼は春より多くないので秋の引っ越し相場はあまり上がりません。

特に11月は、1年を通して最も引っ越し料金が安い時期なのです。
これは、9月から10月の転勤シーズンや結婚シーズンが一段落し、引っ越し需要が落ち着くためといわれています。

新居が見つけやすい

引っ越しを秋にした場合、転勤する単身者や新婚夫婦が転居しようとするため物件探しをする人が多くなります。
ですが、春よりも競争率が低いので、不動産会社に相談に乗ってもらいながらじっくりと新居探しができます。
特に10月は新築物件が最も多く供給される時期なので、秋は物件探しにおすすめです。

引っ越しを秋にした場合の利点

・料金相場が春や夏に比べて安い
・11月は引っ越し料金が最も安い
・新築物件も多く、物件探しがしやすい

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越しを秋にした場合の注意点

引っ越しを秋にする場合の利点は多いですが、注意点はどういったものがあるのでしょうか。
引っ越しを秋にするときの注意点について、解説します。

引っ越しを秋にするときは天気に要注意

引っ越しを秋にする場合、台風シーズンである9月と10月は、天気に気をつけなければいけません。
引っ越し当日に台風が上陸しても、スタッフが安全に作業できないと判断した場合でなければ、中止や延期はしないからです。

様々な事情から台風が上陸したとしても、引っ越し作業を決行して欲しい人もいるでしょう。
しかし、荷物の破損やけが人が出る可能性もあります。
最近の天気予報は精度が高いので、台風上陸の予報が出た場合は速やかに引っ越し業者と相談しましょう。

転勤がきっかけの引っ越しは、誰が費用を負担するの?

引っ越しを秋にするときは、転勤がきっかけという人もいるはずです。
となると、その引っ越し費用はどこが負担するのでしょうか。
転勤経験者に、引っ越しの費用はどこが出したかを尋ねるアンケートを実施しました。

会社が全部負担するが45.7%、会社が一部負担するが35.3%、希望転勤などの理由で全部自費が19.0%でした。
自分の会社は全部負担してくれるのか、事前に確認しておきましょう。

引っ越しを秋にする場合は土日に依頼が集中する

夏は夏季休暇があるのですが、秋は祝日が少なく連休があまりありません。
必然的に、週末の土日に引っ越し依頼が多くなるのが秋です。
ですから、平日に比べ土日の引っ越し料金が高くなります。
有給休暇が取りやすい環境であれば、平日に引っ越しをするのがおすすめです。

秋は日が短いので明るい時間帯に引っ越しを済ませる

秋は徐々に日が短くなり明るい時間が減ってくるので、引っ越しを秋にする場合は午前中から作業をするのがおすすめです。
午後から引っ越し作業をする場合は、荷物量や移動距離によっては引っ越しが終わるころには日が沈んでしまうこともあるからです。

引っ越しを秋にした場合の注意点

・天候に注意する
・費用は会社負担かどうか確認する
平日、午前中の作業がおすすめ

秋に引っ越した人の体験談

実際に、秋に引っ越した人の体験談をご紹介します。

引っは時期によってかなり費用が変動します。

お勧めは秋です。10月以降は閑散期で安いです。

引用:X

まとめ

引っ越しに最適な季節は、秋です。
なぜなら、安い費用で引っ越せて新居が見つけやすいからです。
ですが、引っ越しを秋にする場合は台風に当たる可能性もあるので、引っ越し当日に台風が上陸する可能性がある場合は、事前に業者と相談しましょう。
引っ越しを秋にすると費用が安いのですが、もっと安くしたいときは一括見積もりをして複数の業者から見積もりを取り、最安で引っ越しをしてくれる業者を探しましょう。

ポイント整理

・秋は安い費用で引っ越しがしやすい
・台風に当たる可能性もあるので、危険な時は業者と相談する
・日程や時間帯によって費用を安くするのと同時に、一括見積もりを利用して安い業者を探そう