大阪から福岡まで引っ越しをする場合の相場について解説します

引っ越しの相場

大阪から福岡まで引っ越しをする場合の相場について解説します

就職や転勤などで大阪から福岡まで引っ越しをする人にとっては、相場がどのくらいになるのか気になりますよね。
また、大阪から福岡まで引っ越しをする時に、相場より安い金額で引っ越ししたい人も多いはずです。
大阪から福岡まで引っ越しをする場合の相場と、相場より安く引っ越す方法について、解説します。

大阪から福岡まで引っ越しをする場合の相場

大阪から福岡まで引っ越しをする場合は、関西から九州へと渡ることになるため、移動距離は決して短いとは言えません。
大阪から福岡まで引っ越しをする場合は、利用する行動にもよりますが、移動距離が約620kmになり相場も高くなるでしょう。

移動距離が長ければ長いほど、スタッフの人件費やガソリン代がかさむため、料金が高くなるからです。
また、引っ越す時期によっても料金が異なります。
引っ越しの依頼が集中する春先は、繁忙期といいスタッフやトラック不足になるため、料金がどうしても高くなります。

繁忙期以外は通常期といい、割引サービスや特典を利用することができます。
引っ越し時期を調整できる場合は、通常期に引っ越すことをおすすめします。
さらに、荷物量も料金に深くかかわっています。
荷物量が増えればチャーターするトラックのサイズも大きくなり、コストがかかるのです。

大阪から福岡までの引っ越し費用の相場は、一人暮らしで荷物が少ないと7万円前後で、荷物が多いと9万円前後です。
カップルや夫婦といった二人暮らしの場合は、約18万円かかるでしょう。
三人家族だと、22万円程度になります。
四人家族の場合は、約20万円です。

ただし、上記の大阪から福岡までの引っ越し費用の相場は、通常期の場合です。
繁忙期になると、相場が高くなるだけではなく引っ越し依頼の予約もしづらくなります。
引っ越し日が決まったら、できるだけ早く予約しましょう。
繁忙期に大阪から福岡まで引っ越しをする時の相場は、以下のようになります。

大阪から福岡までの引っ越し費用の相場は、一人暮らしで荷物が少ないと約10万円で、荷物が多いと約14万円となります。
二人暮らしの引っ越し費用の相場は、30万円ほどです。
子供がいる三人家族だと、32万円程度となります。
四人家族の場合は、約34万円かかるでしょう。

引っ越しをする場合の相場

・移動距離や時期で相場が変わる
・通常期だと割引や特典を利用できる
・繁忙期だと予約も取りづらくなる

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

大阪から福岡までの引っ越し費用を相場より安くする方法

上記で書きましたが、大阪から福岡までの引っ越し費用の相場は、高額です。
引っ越しをする時の条件によっては、相場よりさらに高額な費用になってしまう可能性もあります。
では、大阪から福岡までの引っ越し費用を相場より安くする、もしくは高額にしない方法を解説します。

荷造りと荷解きを自分で行うようにすると、引っ越し費用は安くなります。
荷造りや荷解き、もしくはその両方をスタッフに依頼すると、人件費が発生して費用が高くなるからです。
ただし、高齢者や小さい子供がいる人は、無理せずスタッフへ依頼しましょう。

上記でも書きましたが、荷物量が多いと費用が高くなります。
なので、訪問見積もりの前に荷物量を減らすことがおすすめです。
訪問見積もりの際は、クローゼットの中も見られてしまうので、下着など見られたくない物は隠しておきましょう。

引っ越し業者の都合に合わせて、引っ越しをするフリー便を利用するのもいいでしょう。
引越し作業は午前中から始めたい人が多く、午後は空いていることが多々あります。
引っ越し業者の空き時間に引っ越し作業をスタートすることで、料金が安くなるのです。
ただし、作業完了時間が夜になることもあるので、近所に迷惑になる可能性もあります。

引っ越し費用を相場より安くする方法

・荷造り、荷解きを自分で行う
・訪問見積もり前に荷物を減らす
・業者に合わせられるなら、フリー便を利用

まとめ

大阪から福岡までの引っ越し費用の相場は、高額になります。
なぜなら、移動距離が長く輸送コストなどがかかるからです。
大阪から福岡までの引っ越し費用を相場よりさらに安くしたい時は、一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。
複数の業者へまとめて見積もり依頼を出せるので、簡単に安い業者を見つけることができます。

ポイント整理

・大阪から福岡までは移動距離があるため、費用が高額になる
・荷造りなど自分で行ったり、フリー便を利用したりすると、安く引っ越しできる
・相場をより安くしたい時は、一括見積もりサイトを利用しよう