千葉から名古屋に引っ越す場合はどのくらいの費用がかかる?

引っ越しの相場

千葉から名古屋に引っ越す場合はどのくらいの費用がかかる?

千葉から名古屋に引っ越す場合はいくらかかるのかを心配する人、安くする方法はないかと考える人は多いでしょう。
千葉は関東、名古屋は中部地方にあって離れているため、引っ越し先としてかなり距離があり、料金も高くなります。
千葉から名古屋までの引っ越しでは費用がどのくらいになるのかと、安くする方法を解説します。

千葉から名古屋までの引っ越し費用の相場

千葉から名古屋まではかなり遠く、公道の移動距離で400km近く、直線距離でも300km近くの距離があるため、引っ越し費用の相場も高額になってしまいます。
千葉から名古屋への引越しは地方も異なるので、引っ越し費用が高いのも当然といえるでしょう。

千葉から名古屋までの引っ越し費用は、時期によっても異なります。
引っ越す人が多い春は繁忙期と言い、需要が高くなる分料金も値上がりして、場合によっては2倍以上になってしまいます。

通常期の千葉から名古屋までの単身での引っ越し費用は、荷物が少なければおおよそ5万円、荷物が多い場合は7万円前後になるでしょう。
2人暮らしでの引っ越しの料金は、13万円前後です。

3人家族での引っ越しには、17万円前後かかります。
4人家族なら、22万円前後になるでしょう。
人数が増えると荷物が増えるため、引っ越し料金も高くなります。

繁忙期は、荷物が少ない単身引っ越しで10万円前後かかります。
荷物が多ければ、13万円前後になります。
2人暮らしでの引っ越し費用の相場は、20万円前後です。

3人家族が引っ越す場合は、24万円前後が相場です。
引っ越すのが4人家族なら、30万円前後の料金がかかるでしょう。
繁忙期は、ほぼ確実に料金が高くなります。

千葉から名古屋までの引っ越し費用の相場は、距離と荷物の量によって決まります。
人数が多ければ、荷物も多くなり費用も高くなります。
また、上記の料金は基本的に、荷造りや荷解きを自分で行うプランの料金です。
荷造りや荷解きをすべて業者に任せるプランを選ぶ場合は、上記の金額に5~10万円ほど加算されることになるでしょう。

千葉から名古屋までの引っ越し費用の相場

・単身通常期、荷物少ないと5万円
・単身繁忙期、荷物少ないと10万円前後
・荷造りなど業者に任せると5~10万円加算

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

千葉から名古屋への引っ越し費用を相場より安くするには?

千葉から名古屋まで引っ越す場合の引っ越し費用の相場は、決して安いものではありません。
なるべく安く引っ越すには、どうしたらいいのでしょうか?

単身での引っ越しであれば、単身パックがおすすめです。
単身パックは、引っ越し業者が提供している引っ越しプランの1つで、専用のカーゴに入る分の荷物を格安で運んでもらうことができます。

トラックを貸し切りにするのではなく、同じ方向の単身パックをまとめて運んで道中下ろしていくため、トラックの貸し切りや移動にかかる費用は利用者で分担して、必要な作業スタッフも少ないので料金が安くなるのです。
ただし、大型家具などはカーゴに入らないこともあるため、別途運ぶことを依頼した場合は別料金がかかるでしょう。

引っ越しの前に荷物を少なくしておくことで、引っ越し料金は安くできます。
貴重な物、高価な物は持っていき、古くなった家具や小物、生活雑貨などは捨てていき、引っ越しを機に買い替えると、トータルでは安くなることもあります。

千葉から名古屋まではトラックで荷物を運んでいくのですが、トラックのサイズは荷物の量で決まるため、小さいトラックで運ぶことができれば料金も安くなります。
量が多ければ、大きなトラックが必要となり料金も上がるのです。

千葉から名古屋までの引っ越し費用が相場より安い業者を見つけるには、一括見積サイトを利用するのがおすすめです。
予定日のスケジュールが空いていない引っ越し業者もいますが、一括見積サイトを利用すればスケジュールが空いている業者も簡単に見つけることができます。

引っ越し費用を相場より安くするには?

・単身パックを利用する
・引っ越し前に荷物を少なくする
・一括見積サイトを利用する

まとめ

千葉から名古屋へと引っ越す場合はかなりの距離があるため、引っ越し費用の相場も決して安くはありません。
千葉から名古屋に引っ越す場合の引っ越し費用の相場は、荷物の量で大きく変わってきます。
荷物の量が少なく、小さいサイズのトラックで千葉から名古屋まで荷物を運ぶことができる場合は、引っ越し費用も相場より安くなるのです。
一括見積サイトを利用して、複数の業者から見積もりを取りましょう。

ポイント整理

・長距離の引っ越しになるため、費用の相場は高くなりやすい
・単身パックを利用したり、荷物量を減らしたりして料金を安くする
・一括見積サイトを利用すると、簡単に安い業者を見つけられる