引っ越しで長崎県から他県に行く時の相場と注意点は?

引っ越しの相場

引っ越しで長崎県から他県に行く時の相場と注意点は?

引っ越しをするとき、九州地方の長崎県から他県まで行くといくらぐらい料金がかかるのか、気になる人もいるはずです。
また、引っ越しを長崎県から他県までするときの注意点を知りたい人もいますよね。
引っ越しを長崎県からするときの相場と注意点を解説するので、参考にしてください。

引っ越しで長崎県から他県に行く時の相場は?

引っ越しをする時、長崎県から新居のある他県までの距離で料金は変動します。
引っ越しで、長崎県から福岡県まで行く時と広島県まで行く時の相場を、それぞれ解説します。

引っ越しで長崎県から福岡へ行く時

引っ越しの依頼が少ない通常期に長崎県を離れて福岡へ行く時、一人暮らしで荷物が少ない場合は約5万円、荷物が多い場合は約7万円が相場です。
2人家族なら約9万円、3人家族なら約11万円が相場となります。
ただし、上記の相場は通常期の平均料金なので、依頼条件によって料金は変わります。

引っ越しの依頼が特に多い繁忙期に長崎県を離れて福岡へ行く時、一人暮らしで荷物が少ない場合は約6万円、荷物が多い場合は約9万円が相場となります。
2人家族なら約12万円、3人家族なら約15万円が相場です。

引っ越しで長崎県から広島へ行く時

一人暮らしの引っ越しで長崎県から広島へ行く時、通常期で荷物が少ない場合は約6万円、荷物が多い場合は約8万円が相場です。
2人家族なら約12万円、3人家族なら約15万円が相場となります。

一人暮らしの引っ越しで長崎県から広島へ行く時、繁忙期で荷物が少ない場合は約6万7000円、荷物が多い場合は約10万5000円が相場となります。
2人家族なら約16万円、3人家族なら約20万円が相場です。

詳しい住所で距離は多少変動しますが、引っ越しで長崎県を離れて広島へ行く時の距離は約420kmです。
引っ越し作業は、タイミングや依頼条件によって変わりますが、だいたい2日あれば完了します。

長崎県には島が971もあり、その数は全国で最も多いです。
島から引っ越す場合、基本的にフェリーが必要になります。
島にはアイランデクス株式会社が運営している引っ越し業者があるので、そちらに依頼するのがおすすめです。
フェリー会社と提携していて、車両輸送もしています。

長崎県から他県に引っ越す時の相場

・福岡まで単身・通常期だと約5万円
・広島まで単身・通常期だと約6万円
・島からの引っ越しはフェリーが必須

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越しで長崎県から他県に行く時の注意点は?

引っ越しを九州地方の長崎県からする時の注意点は、何でしょうか。
実は長崎県は、台風の上陸数が全国で5番目に多い県でもあるのです。
もし台風のシーズンに引っ越す場合、どういった点に注意したらいいのかを解説します。

台風でも延期や中止にはならない

引っ越し当日が台風であっても、業者側から延期や中止にしたいと申し出ることは基本的にありません。
なぜなら、延期や中止になった場合、次の引っ越し日を決めるために業者側のスケジュールと依頼者側の都合を合わせるという面倒な作業があるからです。
そのため、引っ越し業者側は多少雨風が強い程度であれば、作業を強行してしまいます。

台風上陸がわかった時点で延期か中止の連絡を!

当日が台風でも、引っ越し作業を行ってほしい人もいるかもしれません。
しかし、強風でスタッフが転倒してケガをしたり、雨で荷物や新居が濡れたりする可能性もあります。
なので、引っ越し当日が台風で危ないと感じた時や雨の日は作業をしてほしくない時などは、延期か中止にしましょう。

最近の天気予報はかなり精度が高いので、引っ越し当日に台風が上陸するようなときはできるだけ早めに、延期か中止にできないか引っ越し業者に相談してください。
引っ越し3日前までなら、キャンセル料はかかりません。

長崎県から他県に行く時の注意点

・多少の雨風なら台風でも中止にならない
・危ないと感じたら中止か延期にする
・引っ越し3日前ならキャンセル料なし

まとめ

引っ越しを長崎県から他県にする時の相場は、距離が長くなればなるほど、相場が高くなります。
一括見積もりをして、複数の業者の中から一番安い業者を探すのがおすすめです。
引っ越しで長崎県を離れて他県に行く時、フェリーを利用する人もいるでしょう。
車を船で輸送する場合、空車が原則ルールとなっています。
車に荷物が載っていたら乗車拒否されることもあるので、十分に気をつけて下さい。

ポイント整理

・他県への移動は、距離が長いほど相場が高くなる
・複数の業者を比較できる一括見積もりから、安い業者を探す
・フェリーが必須の場合もあるので、ルールを守って利用する