引っ越しを和歌山県から他県にする時の相場と注意点は?

引っ越しの相場

引っ越しを和歌山県から他県にする時の相場と注意点は?

引っ越しをする時、近畿地方の和歌山県から他県まで行くと、どのくらい料金がかかるのか、気になる人もいるはずです。
また、引っ越しを和歌山県から他県までするときの注意点を知りたい人もいるでしょう。
引っ越しを和歌山県からするときの相場と注意点を解説するので、参考にしてください。

引っ越しを和歌山県からする時の相場

引っ越しをする時、和歌山県から他県までの距離で料金は変わってきます。
引っ越しで、和歌山県から大阪府まで行く時と東京都まで行く時の相場を、それぞれ解説します。

引っ越しで和歌山県から大阪へ行く時

引っ越しの依頼が少ない通常期に和歌山県から大阪へ行く時、一人暮らしで荷物が少ない場合は約4万8000円、荷物が多い場合は約6万6000円が相場です。
2人家族なら約8万9000円、3人家族なら約10万7000円が相場となります。
ただし、上記の相場は通常期の平均料金なので、依頼条件によって料金は高くなる可能性もあります。

引っ越しの依頼が特に多い繁忙期に和歌山県から大阪へ行く時、一人暮らしで荷物が少ない場合は、約5万5000円、荷物が多い場合は、約8万5000円が相場となります。
2人家族なら約12万円、3人家族なら約15万円が相場です。

引っ越しで和歌山県から東京へ行く時

通常期に引っ越しで和歌山県から東京へ行く時、一人暮らしで荷物が少ない場合は約7万円、荷物が多い場合は約10万円が相場です。
2人家族なら約16万円、3人家族なら約20万円が相場となります。

繁忙期に引っ越しで和歌山県から東京へ行く時、一人暮らしで荷物が少ない場合は約7万7000円、荷物が多い場合は約12万6000円が相場となります。
2人家族なら約22万円、3人家族なら約27万円が相場です。

引っ越しを和歌山県からする時に、料金はできるだけ抑えたいですよね。
どの引っ越しにも共通して言えるのが、荷物量を減らして荷造りは自分ですることです。
なぜなら、荷物量が減ると貸し切るトラックのサイズが小さくなり、その分チャーター代が安くなるからです。

荷造りはスタッフに任せると人件費が発生するので、できるだけ自分でやることがおすすめです。
また、土日祝日ではなく、平日に引っ越すと料金が安くなる傾向にあります。

引っ越しを和歌山県からする時の相場

・大阪まで単身・通常期だと約4万8000円
・東京まで単身・通常期だと約7万円
・荷物量を減らし平日に引っ越すと安くなる

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越しを和歌山県からする時の注意点は?

引っ越しを近畿地方の和歌山県からする時の注意点は、何でしょうか。
実は和歌山県は、台風の上陸数が全国で3番目に多い県でもあるのです。
もし台風のタイミングで引っ越す場合、どういった点に注意したらいいのかを解説します。

台風でも延期や中止にはならない

引っ越し当日が台風であっても、業者側から延期や中止にしたいと申し出ることは基本的にありません。
なぜなら、延期や中止になった場合、次の引っ越し日を決めるために業者側のスケジュールと依頼者側の都合を合わせるという面倒な作業があるからです。
そのため、引っ越し業者側は多少雨風が強い程度であれば、作業を強行してしまいます。

台風上陸がわかった時点で延期の連絡を!

当日が台風でも、引っ越し作業を行ってほしい人もいるかもしれません。
しかし、強風でスタッフが転倒してケガをしたり、雨で荷物が濡れてスタッフが落としたりする可能性もあります。
なので、引っ越し当日が台風で危ないと感じた時や、雨の日は作業をしてほしくない時などは、延期を決断しましょう。

最近の天気予報はかなり精度が高いので、引っ越し当日に台風が上陸するようなときはできるだけ早めに、延期できないか引っ越し業者に相談してください。
引っ越し3日前までなら、キャンセル料はかかりません。

引っ越しを和歌山県からする時の注意点

・台風でも多少のことなら作業は強行する
・危険だと感じた時は延期の相談をする
・引っ越し3日前までならキャンセル料なし

まとめ

引っ越しを和歌山県からする時の相場と、注意点を解説しました。
公共交通機関がストップするような危険な台風の中、依頼者が新居まで移動できないにも関わらず引っ越し作業を無理に決行するような業者であれば、キャンセルして他の引っ越し業者へ変更して下さい。
その時は、一括見積もりをして複数の業者から見積もりを取り、引っ越し予定日に作業をしてくれる業者からの連絡を待ちましょう。

ポイント整理

・費用を安くする工夫をして、引っ越し当日に備える
・危険な台風の時は、延期しても良い
・無理に作業を強行する業者の場合はキャンセルし、一括見積もりで安心できる業者を探そう