引っ越しを新居のある兵庫県へする時の相場は??

引っ越しの相場

引っ越しを新居のある兵庫県へする時の相場は??

引っ越しを新居のある兵庫県へする時、費用や日数がいくらくらいなのか気になる人もいるでしょう。
引っ越しで、近畿地方最大の面積の兵庫県へ行く時は、費用もそれなりにかかりそうですよね。
そこで、引っ越しで新居のある兵庫県へ行く時の相場と安くする方法を解説するので、参考にして下さい。

引っ越しを兵庫県へする時の相場

引っ越しをする時、新居がある兵庫県まで荷物や家財を輸送する場合の相場は、いくらぐらいなのでしょうか。
引っ越しを兵庫県神戸市内でする時の相場と、移動距離200km以内の相場を解説します。

引っ越しを兵庫県神戸市内でする時の相場

引っ越しを兵庫県神戸市内でする場合、詳しい住所によって移動距離は多少変わりますが、今回は15km未満の一人暮らしと家族、それぞれの相場を解説します。
近距離なので、引っ越し作業は当日に完了するでしょう。

引っ越しの依頼が多くない通常期に兵庫県神戸市内を近距離で引っ越す場合、一人暮らしで荷物が少ないと約3万7000円、荷物が多いと約5万円が相場です。
2人家族なら約6万7000円、3人家族なら約8万3000円が相場となっています。

引っ越しの依頼が特に多い繁忙期に兵庫県神戸市内を近距離で引っ越す場合、一人暮らしで荷物が少ないと約4万3000円、荷物が多いと約6万円が相場です。
2人家族なら約8万円、3人家族なら約10万7000円が相場となっています。

旧居から引っ越し先の兵庫県神戸市まで距離が200km未満だった時

旧居から引っ越し先の兵庫県神戸市までの移動距離が200km未満だった時の、一人暮らしと家族、それぞれの相場を解説します。
移動距離200km未満とは、岡山県倉敷市や滋賀県甲賀市などが当てはまります。

通常期に引っ越しを兵庫県神戸市へする場合、一人暮らしで荷物が少ないと約5万円、荷物が多いと約6万6000円が相場です。
2人家族の相場は約9万円で、3人家族なら約10万円が相場となります。
移動距離が長くなればなるほどガソリン代やトラックのチャーター代がかさむので、引っ越し代は上がる傾向にあります。

繁忙期に引っ越しを兵庫県神戸市へする場合、一人暮らしで荷物が少ないと約6万円、荷物が多いときは約8万5000円にもなります。
2人家族は約12万円で、3人家族なら約15万円が相場です。
この移動距離の場合、条件にもよりますが引っ越し作業は1日で完了するでしょう。

引っ越しを兵庫県へする時の相場

・近距離で単身・通常期だと約3万7000円
・200km未満の単身・通常期だと約5万円
・移動距離が長いほど引っ越し代は上がる

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越しを兵庫県へする時の相場を安くする方法は?

引っ越し料金を少しでも安くして、兵庫県での新しい生活を始めたいですよね。
ですが、引っ越し料金を安くする方法がわからず困っている人もいるはずです。
引っ越し料金を安くする方法を解説するので、参考にして下さい。

地域密着型の業者を利用して引っ越しを兵庫県へする

地域密着型の引っ越し業者は、広告費などにお金をかけていないので大手業者よりも料金設定が低く、兵庫県への引っ越し料金は安くなるでしょう。
ただし、地域密着型の業者は対応できるエリアが限られているので、見積もり依頼をする前に対応しているか確認して下さい。

単身パックを利用する

一人暮らしで荷物が少ない場合、単身パックを利用するのがおすすめです。
単身パックとは、各引っ越し業者で用意している滑車付きボックスに自分の荷物を全て載せて新居まで運ぶプランです。
1台のトラックに自分と他の人のボックスをいくつか載せて運搬するので、燃料費やトラックのチャーター代を自分だけで負担しないため料金が安くなります。

業者によっては、一人暮らしだけでなく、家族の荷物も対応しているので検討してみて下さい。
ただし、ベッドや2人掛けのソファーなどは運べないことが多いので、別料金が発生します。

相場を安くする方法は?

・地域密着型の業者へ依頼する
・単身で荷物が少ないなら単身パックを利用
単身パックでも別料金になる物あり

まとめ

引っ越しを新居のある兵庫県へする時の料金を少しでも安くしたいときは、不用品は処分して荷物を少なくし、荷造りは自分で行う。
もしくは、繁忙期はできるだけ避けて引っ越すなど方法はいくつかあります。
引っ越しを兵庫県へする時の料金を安くする最も手軽な方法は、一括見積もりをして複数の業者から見積もりを取り、安い業者を選ぶことです。

ポイント整理

・不用品を処分し、荷造りを自分で行うようにする
・繁忙期を避けたり、単身なら単身パックを利用したりするのも安くする工夫になる
・一番手軽な方法は、一括見積もりの利用