引っ越しを他県から大阪府にする場合の相場はどのくらい?

引っ越しの相場

引っ越しを他県から大阪府にする場合の相場はどのくらい?

転勤や就職をきっかけに引っ越しを他県から大阪府にする場合、料金や日数がどのくらいかかるのか気になる人も少なくないでしょう。
引っ越し料金は、旧居から新居までの距離や荷物の量、タイミングなどで決まります。
そこで、引っ越しを他県から大阪府にする場合の相場を解説します。

単身者が引っ越しを他県から大阪府にする場合の相場は?

引っ越しをする時、新居がある大阪府まで荷物や家財を運搬する場合は、どのくらいの相場なのでしょうか?
単身者が、引っ越しを他県から大阪府にする場合の相場を解説します。

引っ越しを他県から大阪府までする場合の距離が200km未満だった時

引っ越しを旧居から新居のある大阪府までの距離が200km未満だった時の、単身者の相場を解説します。
移動距離200km未満は、和歌山県や三重県が該当します。
この距離であれば時期や依頼条件にもよりますが、1日あれば引っ越し作業は完了するでしょう。

単身者の引っ越しで、大阪府までの移動距離が200km未満の時の相場は荷物が少ない場合、約5万円です。
荷物が多い場合の相場は、約6万6000円となります。
ただし、上記の相場は、引っ越し依頼が少ない5月から2月までの通常期の平均料金であり、荷物の量や時間帯によって料金は変動します。

引っ越しの依頼がピークになる3月から4月の繁忙期は、通常期と同じ条件でも料金が高くなります。
単身者の荷物が少ないと約5万5000円、荷物が多いと約8万5000円が相場です。

引っ越しを他県から大阪府までする場合の距離が500km以上だった時

引っ越しを他県から大阪府までする場合の距離が500km以上だった時の、単身者の相場を解説します。
移動距離500km以上は、九州地方や東北地方が該当します。
この距離の引っ越し作業は、目安として3日ほどかかるでしょう。

通常期の引っ越しに、単身者が大阪府に行くまでの移動距離が500km以上の場合、荷物が少ないと約7万円、荷物が多いと約10万円が相場になります。
同じ条件で単身者が繁忙期に引っ越しをした場合の相場は、荷物が少ないと約8万円、荷物が多いと約13万円になります。

安い料金で引っ越すためにも不用品は処分して、単身パックを利用してみて下さい。
単身パックとは、既定サイズのボックスに家財を全て積み込み、ほかの人のボックスと一緒に1台のトラックで輸送するプランです。
ほかの人と同じトラックを利用するので、輸送費が安くなります。

単身で大阪府に引っ越しする場合の相場

・繁忙期は料金が高くなる
・安くするには不用品を処分する
・単身パックを利用する

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

家族が引っ越しを他県から大阪府にする場合の相場は?

家族での引っ越しになると、荷物量がかなり多いので貸し切るトラックのサイズが大きくなり、その分料金が高くなります。
では、家族が他県から引っ越しをして大阪府へ行く場合はいくらくらいかかるのか、相場を解説します。

引っ越しを大阪府までする場合の旧居からの距離が200km未満だった時

3人家族で通常期に引っ越しを大阪府までする場合、旧居からの移動距離が200km未満だと約10万円が相場です。
同じ条件で繁忙期の場合の相場は、約15万円になります。

引っ越しを他県から大阪府までする場合の距離が500km以上だった時

3人家族で通常期に引っ越しを他県から大阪府までする場合、移動距離が500km以上だと約20万円が相場です。
同じ条件で、繁忙期の場合の相場は約27万円になります。

やはり家族の引っ越し料金は、高額になる傾向にあります。
安い料金で引っ越すためには、着なくなった洋服や使わなくなった食器など細々したものから処分して荷物を減らしましょう。
そして、できることなら荷造りは自分で行い、有給休暇が取れるのであれば引っ越しは平日にしてみて下さい。

家族で大阪府に引っ越しする場合の相場

・家族の引っ越しは高額になりやすい
・不用品を処分し、荷造りは自分で行う
・平日の引っ越しがおすすめ

まとめ

他県から引っ越しを新居のある大阪府までする場合の相場は、依頼条件で変化することが分かりました。
なぜなら、引っ越し代には定価がないからです。
同じ条件で見積もり依頼をしても業者によって、その金額は全く違うのです。
少しでも安い業者を探すためには一括見積もりサービスを利用してください。
安い料金の引っ越し業者を見つけて、お得に大阪府へ引っ越しましょう。

ポイント整理

・大阪府までの引っ越し相場は依頼条件で変化
・不用品を処分するなど、安くする工夫を忘れない
・さらにお得に引っ越しをするなら、一括見積もりサービスを利用する