ゴールデンウィークの賃貸探し!見落としがちな2つのポイントとは?

引っ越し業者選び

ゴールデンウィークの賃貸探し!見落としがちな2つのポイントとは?

ゴールデンウィークを利用して
賃貸探しをする人も多いのではないでしょうか。

ゴールデンウィークの賃貸探しは時間がたっぷりありますが
それでも見落とすポイントがあります。

本記事では、見落としがちなポイントを紹介していきます。

ゴールデンウィークの賃貸探しの方法とは?

4月の新年度から、部屋探しをする人は多いです。

不動産会社も3月になると繁忙期が一段落し
丁寧な対応をしてもらえる可能性も高くなる時期でもあります。

 

また、繁忙期ではないので落ち着いて部屋探しもできるので
繁忙期をずらすメリットはかなり大きいです。

まず、ゴールデンウィークの
賃貸探しのポイントは以下の通りです。

ポイント1:早めに不動産会社に問い合わせる

不動産会社は繁忙期が終了すると
少し休みに入る場合があります。

なので、内見がしたくても
不動産会社が休みに入ると賃貸物件の中を見ることができません。

 

内見ができる日が決まっている場合は
事前に不動産会社に問い合わせてみて
いつ逝けるかを相談すると良いかもしれません。

さらに、不動産会社がいつ休みに入るのかなども
最初に聞いておくのも良いでしょう。

ポイント2:色々な不動産会社に問い合わせてみる

賃貸物件を探す方法では
一つだけの不動産会社に集中して
内見をするのはいけません。

理由は、頼りになる担当者と
そうではない担当者が理解しやすくなるからです。

 

また、複数の不動産会社に連絡をすれば
返信が遅い不動産会社も分かります。

メールだけの対応を見ても
どういう風に対応してくるのかや
返信の速さなどを見て不動産会社を選ぶのも良いでしょう。

もちろん、丁寧で親切な対応をする不動産が会社のほうが
良い物件を提案してくれる可能性も高くなります。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

ゴールデンウィークに引っ越す場合のスケジュール

ゴールデンウィークに引っ越しをしようと考えた場合は
4月中旬までに不動産会社に行って賃貸物件を決めるほうが良いでしょう。

ゴールデンウィークという大連休に賃貸物件を
探しに不動産会社に行っても、入居審査に間に合わず
ゴールデンウィークの中で引っ越しを完了させることができなくなります。

 

なので、連休が始まる前に部屋を決めておかないと
良い条件の賃貸はすぐに他の人に取られる可能性も否定できません。

また、ゴールデンウィークは1~3月に引っ越しできなかった人が
不動産会社に行く可能性があるので、早めに決めないとすぐに物件がなくなるでしょう。

条件が良い賃貸物件は繁忙期か
ゴールデンウィークで入居者が決まってしまう場合もあります。

ゴールデンウィークで決めておかないと
希望の条件の賃貸物件を見つけることが難しくなってしまうのです。

次に新しい物件が増えるのは
だいたい9月くらいです。

なので、5~9月の4ヶ月間で条件の良い賃貸物件は無くなり
新しい物件が出てこないので、条件の良い物件を見つけることが
難しくなる時期だと考えたほうが良いでしょう。

まとめ

ゴールデンウィークは物件の管理会社が休みの場合が多いので
賃貸物件の内見はできません。

仲介をしてくれる不動産会社が営業をしていても
管理会社と連絡が取れないなら部屋探しを進めることができないのです。

連休で不動産会社に行きやすくはなりますが
ギリギリのスケジュールで動くのはリスクが高くなると考えたほうが良いでしょう。