千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用の相場

引っ越しの相場

千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用の相場

就職や転勤、進学などの理由により、少し離れた地域に引っ越すことになったというケースは少なくありません。
また、距離が遠い引っ越しほど、できる限り費用を安くするための工夫が必要です。
ここからは、千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用の相場と、金額を抑えるためのポイントについて解説します。

千葉から大阪の引越し費用の相場~単身引っ越しの場合~

千葉から大阪までの距離はおよそ430kmで、荷物の運搬には7時間ほどかかります。
また、単身者の方が千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用は、以下の通りです。

通常期(5~2月)79,800円※
繁忙期(3~4月)94,400円※

※『引越し侍』のユーザーアンケートから算出

就職や進学に伴う引っ越しが増える繁忙期は、引っ越し費用が10,000円以上高くなり、単身引っ越しであっても10万円を超える可能性があります。

単身引っ越しの場合

・荷物の運搬に7時間かかる
・繁忙期は費用が10,000円以上高くなる
・繁忙期は単身でも10万円を超える可能性

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

千葉から大阪の引越し費用の相場~家族引っ越しの場合~

次は、家族で千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用を見てみましょう。
通常期、繁忙期の費用相場はそれぞれ以下の通りです。

 2人家族3人家族
通常期(5~2月)108,700円※166,500円※
繁忙期(3~4月)156,500円※181,400円※

※『引越し侍』のユーザーアンケートから算出

家族引っ越しの場合は、荷物の量が増えることなどにより、どうしても単身引っ越しと比べて費用が高くなります。

しかし、2人家族であれば、引っ越しを依頼する時期によっては、単身引っ越しとそれほど変わらない金額で引っ越すことができる可能性もあります。

家族引っ越しの場合

・荷物量が増えるため費用は高い
・2人家族なら時期によって安くなることも

千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用を安くするには?

千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用を極力安くするには、以下のような工夫が必要です。

単身パックを利用する

単身パックは、決まったサイズのコンテナボックスに荷物を積んでパッキングする、単身者向けの引っ越しサービスです。
こちらは、他の依頼者の荷物も混載して運ぶことから、引っ越し費用を抑えることが可能です。

千葉から大阪に引っ越す場合、単身パックを利用すると、以下のように引越し費用相場が変わります。

通常の単身引っ越し(通常期)79,800円※
単身パックの引っ越し(通常期)34,100円※

※『引越し侍』のユーザーアンケートから算出

単身パックを利用するだけで、引っ越し費用が半額以下にケースも少なくありません。

フリー便を利用する

フリー便は、引っ越し業者に依頼する作業の開始時間について、午前や午後、〇時からといった指定をしない代わりに、料金が安くなるというプランです。
ちなみに、フリー便を利用することで安くなる金額は、3,000~5,000円程度であるケースが多いです。

ただし、こちらはスケジュールに余裕がない方にはあまり向いていません。

閑散期を狙う

引っ越しの閑散期とされる5~8月、11~2月は、繁忙期と比べて引っ越し費用が安くなります。

こちらは、引っ越し業者を利用する方が少なくなる時期に、引っ越し業者が集客を促すため、料金を低めに設定することが理由です。

値引き交渉をする

引越し費用を安くするためには、引っ越し業者に対する値引き交渉を行うことも重要です。

このときのポイントは、事前に根拠となる情報を用意した上で交渉するということです。
例えば、複数の引っ越し業者から見積もりを取り、なおかつ他社の競合価格や市場価格を把握し、料金やサービス内容を比較することで、引っ越し業者も値引きに応じてくれやすくなります。

引越し費用を安くするには?

・単身パックやフリー便を利用する
・閑散期を狙う
・情報を用意して値引き交渉を行う

まとめ

ここまで、千葉から大阪に引っ越す場合の引越し費用の相場を中心に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
引っ越しをする際は、さまざまな手続きが必要になるため、引っ越し費用を安くすることにまで気が回らないという方もいます。
しかし、冒頭でも触れた通り、距離の遠い引っ越しほど金額は高くなるため、可能な範囲で節約するための工夫は行っていくべきだと言えます。

ポイント整理

千葉から大阪まで荷物の運搬に7時間かかる
・繁忙期になると費用が高額になる場合もある
・単身パックの利用や値引き交渉などで、できるだけ費用を安くしよう