年度末に引越しの予約をする場合の注意点を解説します

引っ越し準備

年度末に引越しの予約をする場合の注意点を解説します

年度末は引越しをする人も多いので、予約を取るのも一苦労です。
年度末に引越しの予約を取る際は、気を付けなければいけない点がいくつかあります。
また、知っておくことで得をするポイントもいくつかあります。
年度末に引越しの予約をする際に気を付ける点について、解説します。

年度末に引越し予約をする際に気を付ける点

年度末は、4月に大学進学や就職などで新生活が始まる時期なので、引越しをする人が増え、予約もすぐいっぱいになってしまいます。
年度末の引越し予約は、できるだけ早いうちにしておきましょう。

年度末に引越しをする場合、業者によって細かいタイミングは異なるものの、多くの業者は2カ月前、1月から予約を受け付けています。
家族で年度末に引越しをする場合は、なるべく2カ月前までに予約しておきましょう。

年度末は引越しをする人が最も多い時期なので、予約はかなり取り辛くなります。
また、年度末は利用者が多いせいで引越し料金も高くなるため、予約してから見積金額を見て、驚くこともあるかもしれません。

年度末の中でも引越しの料金が特に高くなる日、予約が取りづらい日があります。
年度末いっぱいではなく、後半に引越しをする人が集中しているため予約も取りづらくなっていて、反対に前半、特に10日までの初旬は比較的空いています。

都合がつきやすい場合は、年度末前半のうちに引越しをするよう予約しておいた方がいいでしょう。
会社の辞令は通常4月1日付で、進学の場合も卒業式を終えてから引っ越すことが多いので、前半はあまり人がいません。

年度末と同様、年度明けも引越しをする人が多く、予約も取りづらくなっています。
年度末中旬から年度明け初旬にかけての引越しが多いタイミングを、繁忙期といいます。
他の時期は、通常期です。

年度末の引越しで予約が取りづらく料金が高いのは、料金に定価がなくトラックの台数や人員にも限りがあるからです。
年度末の繁忙期は、引越しせざるを得ない人が多い以上、予約はいっぱいになり料金も5割増しや2倍になることは珍しくありません。

引越し予約をする際に気を付ける点

・年度末の家族の引っ越しは2か月前に予約
・初旬は比較的すいている
・料金が5割増しや2倍になる可能性がある

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

年度末の引越しの予約時の見積もりで知っておくべきことは?

年度末に引越しをする際は、距離や荷物の量を予約の時に確認して料金を計算します。
見積もりを取るまで、料金は正確にわからないのです。
年度末の引越しの予約時に見積もりを取る際は、いくつか気を付けるべき点があります。

まず、見積もりを取る際は1社だけではなく、複数社から見積もりを取ることが大切です。
年度末の引越しは、業者も予約を受けるなら料金をなるべく高くしたいと思っているのです。

1社だけの見積もりでは、料金を高くしても大丈夫だと思われてしまい、割引されにくいのです。
しかし、2社以上から見積もりを取った場合は、ライバルがいるので割引しなければ負ける、と考えます。

複数社に見積もりを依頼した場合でも、料金には差があります。
業者によって割引できる限度額が決まっているため、多くの業者に見積もりを依頼することで最安の業者を見つけることができます。

また、見積もりはできるだけ早く依頼しなければ、どんどん高くなっていきます。
年度末の引越しは予約が埋まりやすいのですが、時間が経つにつれて安い業者から埋まっていき、残った業者もある程度埋まっていれば無理に割引することはなくなります。
年度末が近くなるにつれて、引越し業者の予約はどんどん埋まっていくのです。

見積もりを取る際は、一括見積サイトを利用しましょう。
一括見積サイトなら、複数社の見積もりを簡単にまとめて取ることができるため、比較して最安の業者を探すこともできるのです。

見積もりで知っておくべきことは?

・複数社から見積もりを取る
・できるだけ早く見積もりの依頼をする
・一括見積サイトが便利

まとめ

年度末に引越しをする場合は利用者が多いため、なるべく早いうちに予約をしなければ業者がどんどん埋まっていってしまいます。
特に混むのが年度末の後半なので、引越しのスケジュールを前倒しできる場合は年度末上旬の日程で予約をすると、料金も比較的安く空いている業者も多いため、選びやすいでしょう。
見積もりの際は、複数の業者にまとめて見積もりを依頼しなければ割引率が低いため、一括見積サイトを利用しましょう。

ポイント整理

・早めに予約しないと業者が埋まってしまう
・年度末上旬の予定で予約すると、業者を選びやすい
・見積もりは複数社依頼しないと、割引率が低くなってしまう