ゼロゼロ物件は注意しないといけない?初期費用や保証人が不要なのか

引っ越し業者選び

ゼロゼロ物件は注意しないといけない?初期費用や保証人が不要なのか

最近、よく見かけるUR賃貸住宅などのような
敷金や礼金が無料という物件を見かけるようになりました。

これまで、当たり前のように支払っていた
敷金や礼金ですが、契約に必要になる初期費用が大きい。

でも、敷金や礼金がないゼロゼロ物件の登場は
大変ありがたいですね。

本記事では、ゼロゼロ物件の注意すべき点と
初期費用や保証人は不要なのかについてもお伝えをしていきます。

ゼロゼロ物件の初期費用は?保証人は必要?

ゼロゼロ物件は敷金と礼金がない代わりに
初期費用が色々と追加される場合があります。

初期費用が追加される場合というのは
以下の通りです。

・消毒代・抗菌代など内見後に、排水などの費用が必要になる場合もあります。
・保証人が用意できても保証会社の加入が必須
・退去時にリフォーム代やクリーニング代が必要になる

 

ゼロゼロ物件は敷金と礼金は不要ですが
消毒ダイヤ抗菌代などの費用が必要になる場合もあります。

UR賃貸住宅も賃貸物件を探せるサービスがありますが
敷金がない代わりに、礼金のほうがあったりする場合もありました。

保証人が不要というのは、ゼロゼロ物件と同じですね。

ゼロゼロ物件ではコロナウイルスを理由にして
消毒代を大量に撮ろうとする業者もいるので要注意です。

ほかにも、保証人が用意できても
保証会社を通さないと賃貸契約ができない場合もあります。

 

ゼロゼロ物件では、退去時にリフォーム代や
クリーニング代も請求されます。

一つ一つは数万円程度ですが
全て足していくと最終的には数十万となるのです。

結局、敷金と礼金がある賃貸と同じ金額を
支払うことになるので、ゼロゼロ物件がお得だとは言えせん。

ただ、お金を用意できないという場合は
目先のお得感だけを手に入れて、契約するという方法もあるかもしれません。

UR賃貸住宅の場合は、退去時の費用として
相場は「0円~3万円前後」となります。

小さい子供がいる家庭だと、どうしても襖や壁紙に
落書きや穴をあけてしまうことがあります。

 

そういう場合は、襖の張り替えやフローリングの補修箇所が発生するので
3万円前後の費用が掛かる場合もあるのです。

どこでも同じですが、部屋を出るときは担当の人が部屋をチェックし
退去費用を計算します。

ただ、退去時は元々あった傷まで退去時に請求されることもありますが
UR賃貸住宅の場合は入居時に「点検確認書」というチェックシートのような
書類を最初に渡されます。

小さな傷や汚れなどを点検確認書に書き込んでおいて
退去時に身に覚えのない補修費用を請求されないようにすることができるのです。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

ゼロゼロ物件で借りる注意点

敷金と礼金が不要な場合は不動産会社としては
他の部分で収益を増やす必要があります。

そこで、一番問題になりにくい家賃を
相場よりも高く設定していることもあるのです。

 

同じ地域の賃貸の家賃相場をチェックしてみて
妥当な金額かどうかを確認してみると良いでしょう。

ゼロゼロ物件は広告やネットなどで表示している条件は
消費者にお得であるという思い込みをさせた見掛け倒しが多いです。

不人気な賃貸物件の空き部屋を埋めるためのゼロゼロ物件は要注意?

人気がない部屋を埋めるために
敷金と礼金が無料という場合もあります。

たとえbあ、駅から遠いとか新幹線や道路が間近に走っているなど
騒音が昼も夜も激しいという場合は、ゼロゼロ物件にして
部屋を埋めようとする不動産会社もあるそうですね。

 

ただ、筆者は新幹線が真上を走行している賃貸物件に
住んでいたこともありますが、特に気にしたことはありません。

まあ、筆者は暴走族が爆音を立てていても
ぐっすり眠ることができるので
筆者のような人間なら問題はないかもしれません。

不安ならUR賃貸住宅で契約するのも良いかも?

最近は、CMでもよく見かけるようになった
UR賃貸住宅ですが、UR賃貸住宅は、一般の賃貸住宅とも
県営や市営といった自治体による住宅とも違います。

UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)が管理していて
費用や住環境などの面で多くのメリットを持っているのです。

 

UR賃貸住宅は普通の賃貸住宅とは違い
先着順で申し込むスタイルです。

内見後に気に入れば、入居審査が開始。

審査に合格すれば賃貸契約を行い
住むことができるようになります。

不動産会社の場合は仲介手数料というものが必要ですが
UR賃貸住宅の場合は、仲介手数料というものは不要です。

 

審査と言えば、多くの場合は基準が明確にされていないので
どういう基準で審査が行われているかさえも分からないことが多いです。

しかし、UR賃貸住宅の場合は、入居審査の基準が明確にされていて
ウェブサイトの「お申込み資格について」で五つの条件が記されています。

UR賃貸住宅のメリットは、以下の通りです。

・礼金なし
・仲介手数料なし
・更新料なし
・保証人なし

 

まとめ

ゼロゼロ物件は、初期費用が不要ですが
退去時・入居時に追加費用が必要になる場合もあります。

すぐに住みたいという場合でお金もあまりないというなら
ゼロゼロ物件は大変魅力的な賃貸だといえます。

 

マンションタイプでも良いというなら
UR賃貸住宅も検討してみてはいかがでしょうか。