引っ越し業者に差し入れは問題ない?差し入れよりも大切な事

引っ越し業者選び

引っ越し業者に差し入れは問題ない?差し入れよりも大切な事

引っ越し業者の人に感謝の気持ちを添えて、差し入れをしたくなる人もいるかもしれません。

確かに、仕事とはいえ重い荷物を運んでくれたので、感謝の気持ちを態度で表すのは重要なことです。

しかし、差し入れよりも重要なことがあるので、本記事では、引っ越し業者に差し入れは問題ないのかや、差し入れよりも重要なことについてお伝えをしていきます。

引っ越し業者に差し入れをしても問題はない?

結論から言えば、迷惑にならないようなものなら、差し入れは問題ないといえます。

引っ越し業者も次々と仕事をしないといけないので、食べ物などの差し入れは一番困るのです。

しかし、暑い夏にジュースの差し入れは、ありがたいと感じる業者の人もいるでしょう。

相手にとって迷惑にならない差し入れが一番ベストだといえます。

「迷惑になる差し入れって何?」

「迷惑になる差し入れ」がわからない人のために、具体的な例を挙げてみましょう。

たとえば、スイカなどといった果物や、ヨウカンやパンなどは逆に迷惑だといえます。

理由は、人の荷物を運んだあとの手でパンを食べるというのは、衛生上のことを考えると汚いといえます。

また、何か道具を使わないと食べることができない食べ物はどうすることもできないので、移動中に腐らせる可能性もあるでしょう。

なので、食べ物などの差し入れは、逆に迷惑になる可能性があるということです。

引っ越し業者に差し入れをして何か意味がある?

引っ越し業者に差し入れをする行為は差し入れるものに限らず、感謝の気持ちを込めていると考えられます。

ただ、差し入れをしてもらったからと言っても作業の質は変わらないのです。

人によっては感謝の気持ちで現金を渡そうとする人もいるらしいですが、作業をしている人も人間なのでお金は欲しいです。

しかし、多くの場合は受け取ろうとはしない場合が多いでしょう。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

差し入れよりも大切な事

引っ越し業者に対し差し入れよりも大切なのは「挨拶」です。

当たり前の話なのですが、挨拶をしない人は意外に多いと聞いたことがあります。

気持ちよく引っ越しを対応するスタッフが作業をするためには挨拶をすることなのです。

基本的に、業者の作業員から挨拶されるのですが、依頼者も挨拶をしっかりと返しましょう。

こうしたコミュニケーションを行うことで、お互いが気持ちの良い引っ越し作業ができるのです。

ただ、挨拶もしないような依頼主の場合は、作業員としても荷物の内容や配置など聞きにくくなります。

しかし、挨拶をしてくれる依頼者の場合は、作業員も色々と聞きやすくなります。

まとめ

基本的に、引っ越し業者に差し入れは必要ありません。

ただ、感謝したい気持ちが強くて差し入れをしたくてどうしようもないなら、差し入れをしたほうが良いかもしれません。

ただ、引っ越し業者に差し入れをするのはマナーではないので、無理をして差し入れをする必要はないのです。

引っ越し業者に差し入れをするよりも、スムーズに引っ越しができるほうが業者の方もありがたいのではないでしょうか。

業者の方に感謝をしているなら「レイアウト図」を作成し、配置などを指示していくほうが良いかもしれません。