家賃が安い賃貸物件の定義はある?ネット未公開物件の掘り出し物件は実在しない

引っ越し業者選び

家賃が安い賃貸物件の定義はある?ネット未公開物件の掘り出し物件は実在しない

家賃が安い賃貸物件はありますが
定義というのは何か気になりませんか?

安い賃貸物件と言っても
人によっても全く違います。

本記事では、家賃が安い賃貸物件の定義や
ネット未公開物件の掘り出し物件は実在しないのかどうかについてお伝えします。

家賃が安い賃貸物件の定義は?

家賃が安い賃貸物件と言っても
人によっては価値観が違うので安く感じる場合もありますし
高く感じる場合もあります。

何をもって、家賃が安いのかについては
周辺の賃貸物件と比べて家賃はどうなのかによって安いかどうかが決まるのではないでしょうか。

 

たとえば、駅が近くにあり学校や病院も歩いて数分程度の場所に
賃貸がある場合は、家賃はかなり高いと思われます。

しかし、稼いでいる金額によってや人の金銭感覚によって
値段が安いか高いかがわかれるのです。

もっとも家賃が安い賃貸物件の定義を理解するには
周辺の賃貸物件の家賃がどれくらいなのかを理解することから始めたほうがよさそうですね。

ネット未公開物件の掘り出し物件は実在しない

残念ながら、ネット未公開物件の掘り出し物件は実在しません。

不動産会社は未公開の賃貸物件を
隠し持っていると思っている人もいるかもしれませんが
実際は、ネット未公開物件はないのです。

 

大家さんや管理人の視点で言えば、早く空き家を何とかしたいのに
不動産会社が未公開にしているとどう思うでしょうか?

「はやく、公開してくれ」と、不動産会社を急かすのではないでしょうか。

ネット公開もしてくれない不動産会社だった場合は
すぐに空き家を何とかしたい大家さんや管理人なら
取引をやめたいと思うことでしょう。

そう考えると、ネット未公開物件の掘り出し物件は
実在しないというのがわかるのではないでしょうか。

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

家賃が安い賃貸物件を発見したらどうすればいい?

家賃が安い賃貸物件を発見したら
今すぐにでも内見する予約をして見に行くべきです。

テレビ番組の有吉ゼミのコーナー「坂上忍不動産○〇 家を買う」みたいに
買いもしないのに「借りま・・・せん」とか「キープ」とかやっていると
すぐに借り手が見つかるのです。

 

とはいえ、あの番組のコーナーは物件の内見を番組内でして
宣伝をしているだけなので、実際は自称家探し芸能人は物件を買わないと思っています。

基本的に、安い賃貸物件を発見したら
早い者勝ちみたいに借主が決まれば、それで終了になるのです。

なので、家賃が安い賃貸物件を発見したら
内見をして気に入れば契約をすれば良いのではないでしょうか。

まとめ

家賃が安い賃貸物件は不動産会社としても
目玉商品になるので隠し持っているとは考えにくいです。

確かに、公開前の賃貸物件はあるかもしれませんが
それが安いとは限りませんし、良い物件とも限らないのです。

 

家主や管理人は空き室を早く埋めたいので
早く不動産会社に公開してほしいと思います。

そう考えると、安い賃貸物件を隠し持っているというのは
あり得ないことだということがわかるのではないでしょうか。

ただ、偶然たまたま、公開前の賃貸物件があり
見せてくれるケースもあります。

しかし、そういうのは新しい物件が入るのを知ったうえで狙わないと
なかなか難しいのではないでしょうか。