ブラック引越センターの口コミ・評判、特徴とは?

引っ越し業者選び

ブラック引越センターの特徴

テレビなどのCMでよく見る大手業者か、料金の安い地域密着型の業者か、どちらに引っ越しを依頼しようか悩む人も多いでしょう。
地域密着型の業者の場合、聞いたことがない業者であることも多いため、依頼しようか悩む人もいるかもしれません。
地域密着型のブラック引越センターはどのような業者なのか、紹介します。

ブラック引越センターの会社概要

設立年月日令和3年10月26日
本社住所東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
対応エリア東京・千葉・神奈川・埼玉 ※ただし一部エリアを除く

ブラック引越センターでは引っ越し用資材を貰える?

引っ越しをする時に必要不可欠なのが、段ボールや緩衝材といった引っ越し用資材です。
引っ越し業者から引っ越し用資材をサービスしてもらえたら、それが理由で引っ越し依頼をする人もいるのではないでしょうか?

ブラック引越センターでは、引っ越し用資材を無料でサービスしてくれます。
ただし、プランによってサービスされる数やレンタルできる量が異なるので、詳しく紹介します。

荷物が少ない人向けのプランであれば、ダンボール大10枚と小10枚、クラフトテープ1個が無料サービスです。
また、ハンガーボックスが2本までと、シューズボックスが1本、布団袋が1枚まで無料でレンタルが可能です。

荷物が多い人向けのプランであれば、ダンボール大15枚と小15枚、クラフトテープ1個が無料サービスです。
また、ハンガーボックスが3本までと、シューズボックスが1本、布団袋が2枚まで無料でレンタルできます。

ブラック引越センターの特徴

引っ越し業者には、それぞれ独自のサービスや特徴があります。
料金面はもちろんですが、独自サービスや特徴などが決め手になって引っ越しを依頼することもあるでしょう。
では、ブラック引越センターの特徴はどういったものがあるのでしょうか。

引っ越しプランがシンプル

引っ越しプランが多すぎると、どれを選んだらいいのかわからなくなる人もいるでしょう。
ブラック引越センターの引っ越しプランは「ベーシックプラン」「スタンダードプラン」「パーフェクトプラン」の3つで、内容がシンプルです。

ベーシックプランは荷物が少ない人におすすめで、1R~1Kに住んでいる人の荷物量が目安になります。
スタンダードプランは荷物が多い人におすすめで、1K~2Kに住んでいる人の荷物量が目安になります。
どちらも、荷造りや荷解きを自分で行います。

パーフェクトプランは、荷造りから荷解きまで全てスタッフに任せるプランです。
荷造りの仕方が分からない人、楽に引っ越しをしたい人におすすめです。
どのプランも運搬用トラックのサイズで料金が決まりますが、パーフェクトプランは他のプランより必要なスタッフの人数が多くなるため、ベーシックプランやスタンダードプランよりは高くなるでしょう。

不用品回収をしている

ブラック引越センターの料金は、運搬用トラックのサイズで決まります。
なので、少しでも安い料金で引っ越しをしたいのであれば新居へ運ぶ荷物を減らすことがおすすめです。

ブラック引越センターでは、冷蔵庫や洗濯機といった家電や食器棚やテーブルといった家具まで回収してもらえます。
回収された不用品は、東南アジア各方面へと協力会社を通じて輸出されリユースされます。

ブラック引越センターの特徴

・シンプルな3つの引っ越しプラン
・料金は運搬用トラックのサイズで決まる
不用品回収まで対応

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

ブラック引越センターの口コミ・評判

ブラック引越センターの口コミ・評判をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

金額の内訳を詳しく教えていただき、質問についても適宜丁寧に答えていただきました。

当日の引っ越し作業のスピードは速く、プロだなと思いました。

引用:ズバット引越し比較

女性1人で引越しでしたが、安心してお任せしました。

当日来られた方も若い男性2人でしたがすごい速さで荷物の運び出し運び入れをしていただき、
移動距離が近かった事もありますが1時間以内で引っ越しが終わりました。

引用:ズバット引越し比較

まとめ

ブラック引越センターがどういった業者なのか、紹介しました。
対応エリア内で引っ越しを考えている人は、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
ただし、単身での引っ越しに限られます。
全国展開している大手業者とは違い、ブラック引越センターは知名度がそれほど高くないので依頼しようか迷う人も多いでしょう。
依頼するときは知名度だけで決めるのではなく、料金面やサービス面をしっかりと比較することが大切です。