引っ越しを長野県から他県にする場合の相場はどのくらい?

引っ越しの相場

引っ越しを長野県から他県にする場合の相場はどのくらい?

引っ越しを長野県からする時、相場がいくらくらいなのか気になりますよね。
長野県は全国で4番目に面積の大きい県なので、他県への引っ越しは思っていた以上に料金がかかってしまいそうです。
そこで、引っ越しを長野県からする場合の相場と安くする方法を解説するので、引っ越しを考えている人は参考にしてください。

一人暮らしの引っ越しで長野県から他県に行く場合

引っ越し代は、中部地方の長野県から新居までの移動距離と荷物量、時期によって左右されます。
では、引っ越しを長野県から大阪府へ行く場合と福岡県へ行く場合でどう違うのか、それぞれの相場を解説します。

一人暮らしの引っ越しで長野県から大阪府に行く場合

大阪府に引っ越しをする場合、長野県から約370km距離が離れているので、引っ越し作業を1日で完了するのは難しいでしょう。
条件にもよりますが、2日ほどかかってしまいそうです。

一人暮らしの人の引っ越しで、荷物が少ない人が長野県から大阪府に行く場合、約6万円が相場です。
荷物が多い人の場合は約8万円が相場となります。
ただし、上記の相場は引っ越しの依頼が少ない時期の平均費用です。
引っ越すタイミングや条件によって、費用は平均よりも高くなる可能性もあります。

引っ越しの依頼が集中する時期に、長野県から大阪府まで行く時は費用が高くなります。
この時期、荷物が少ない人は約7万円、荷物が多い人は約10万円が相場となります。
この時期に引っ越す人は、単身パックを利用するのがおすすめです。

単身パックとは、決められたサイズのコンテナに荷物を全て載せ、他の人と同じトラックでまとめて輸送するプランです。
1人で1台のトラックをチャーターする単身プランより、格安で引っ越せます。

一人暮らしの引っ越しで長野県から福岡県に行く場合

福岡県に引っ越しをする場合、長野県から約1000km距離が離れているので、条件にもよりますが、3日かそれ以上かかってしまいそうです。
時間がかかる分、料金も高くなります。

引っ越しの依頼が少ない時期に、荷物が少ない人が長野県から福岡県に行く場合、約7万円、荷物が多い人の場合は約10万円が相場となります。
引っ越しの依頼が集中する時期に、長野県から福岡県まで行く時は費用が高くなります。
この時期、荷物が少ない人は約8万円、荷物が多い人は約13万円が相場となります。

長距離の引っ越しで、費用を少しでも安くしたいのであれば、混載便がおすすめです。
混載便とは、1台のトラックに引っ越し先が同じ人の荷物を積み込み輸送するプランで、
燃料費や高速料金などの費用を複数人で負担するので料金が安くなります。

単身で長野県から他県に行く場合

・単身で大阪府まで通常期だと約6万円
・単身で福岡県まで通常期だと約7万円
・単身パック、混載便がおすすめ

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

家族の引っ越しで長野県から他県に行く場合

引っ越しをする場合、家族で長野県から他県へ行く時の費用はどのくらいなのでしょうか。
家族の引っ越しで、長野県から大阪府と福岡県に引っ越す場合のそれぞれの相場を解説します。

3人家族の引っ越しで長野県から大阪府に行く場合

3人家族での引っ越しで、長野県から大阪府に行く場合の相場は、引っ越しの依頼が少ない時期の場合は約15万円が相場です。
引っ越しの依頼が集中する時期の場合は、約20万円が相場となります。

3人家族の引っ越しで長野県から福岡県に行く場合

3人家族での引っ越しで、長野県から福岡県に行く場合の相場は、引っ越しの依頼が少ない時期の場合は約20万円が相場です。
引っ越しの依頼が集中する時期の場合は、約27万円が相場となります。

長距離の引っ越しには、トラックではなく荷物を貨物用のコンテナに積み込み列車で輸送を行うコンテナ便がおすすめです。
新居までの距離を列車とトラックで輸送するので、燃料代や人件費などが抑えられます。

家族で長野県から他県に行く場合

・3人家族通常期だと大阪府まで約15万円
・3人家族通常期だと福岡県まで約20万円
長距離ならコンテナ便がおすすめ

まとめ

他県へ引っ越しをする場合、長野県からどのくらいの費用がかかるのか解説しました。
新居が遠ければ遠いほど、高速料金やガソリン代、人件費がかかるので引っ越し費用は高くなる傾向にあります。
そのため、できるだけ安い費用で引っ越せる方法を知りたい人も多いはずです。
一番手軽な方法は、一括見積もりをしていくつかの業者から見積もりを取って、最も安い業者を見つけ出すことです。

ポイント整理

・長距離になると、費用は高くなりやすい
・一番簡単に費用を抑える方法は、一括見積もりを利用すること