引っ越しの概算の料金はどうしたら下げられる??

引っ越しの相場

引っ越しの概算の料金はどうしたら下げられる??

引っ越しの概算の料金は、荷物量や旧居から新居までの距離だけではなく、引っ越し時期によっても変動します。
引っ越しにかかるお金をできるだけ安くするためには、まず自分の引っ越しの概算の料金を事前に知っておくことが重要なのです。
では、引っ越しの概算料金が変動する時期と、料金を安く抑える方法について解説します。

引っ越しの概算の料金が時期によって異なる

引っ越しをする時期によって、引っ越しの概算料金は異なります。
では、引っ越しの概算料金を安くするためには、どの時期に引っ越しをしたらいいのでしょうか?
適切な時期について、解説します。

一人暮らしの引っ越しの概算の料金は

3月と4月は引っ越し業者にとって非常に忙しい時期なので、引っ越しの概算料金が上がり、それ以外の5月から2月は引っ越しも徐々に落ち着くので、概算費用も徐々に下がっていきます。

また、引っ越しの概算料金は荷物の量によっても違いが出ます。
荷物の量が少ない人の概算の平均は45,000円で、荷物の量が多い人の概算の平均は59,000円です。

しかし、3月と4月の時期になると、荷物の量が少ない人の概算の平均は55,000円で、荷物の量が多い人の概算の平均は78,000円です。
引っ越しを希望する時期によって、概算の料金は約1万円~2万円と差額があり、軽視できない内容になります。

家族の引っ越しの概算の料金

3月と4月は引っ越し業者にとって非常に忙しい時期なので、引っ越しの概算料金が上がり、それ以外の5月から2月は引っ越しも徐々に落ち着くので、概算の料金も徐々に下がります。
しかし、一人暮らしの人と比べて、家族の引っ越しの概算料金差額は全体的にかなり差が出ます。

差額の平均が、2人家族は26,000円、3人家族は33,000円、4人家族は44,000円、5人家族は46,000円と、かなりの金額になります。
特に5人家族以上の大家族で、例えば東京から名古屋までといった移動距離が500km未満の引っ越しのだと、概算の差額が10万円以上にもなるので、要注意です。
大家族の方で、引っ越し予定日をずらせるのであれば、3月と4月は避けるべきです。

概算の料金はどうしたら下げられる??

・荷物の量と時期によって変わる
・一人暮らしだと1~2万円の差
・家族だと10万円以上になることもある

1番安い引越し業者が見つかる!
引っ越し料金が最大70%安くなる!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】1番安い引越し見積もり

引っ越しの概算の料金を下げるには

引っ越しの概算の料金は、時期によって変動することがわかりました。
5月から2月に引っ越しをすると、概算料金が抑えることが出来ます。
では、他に引っ越しの概算料金を抑える方法があるのか解説します。

一括見積もりをしよう!

引っ越し料金には、定められた価格がありません。
同じ条件の引っ越しでも業者によって料金は、かなり異なります。
なので、一括見積もりをして、複数の業者から見積もりを取って比較することが大切です。

すでにお願いしたい業者が決まっていても、一括見積もりをして、他の業者の見積もりを取ってください。
他の業者の引っ越しの概算の料金費知ることで、値段交渉が円滑にできます。

引っ越しの荷物の量をできるだけ減らす

事前に不用品を処分すると、引っ越しの荷物の量が少なくなります。
荷物の量が減ると、荷物を載せるトラックの大きさも変わってきます。
引っ越しの際に、トラックのサイズを小さくできれば、概算料金を下げることが可能になるのです。

土日祝日は避けて引っ越す

土日祝日は避けて、平日に引っ越しをすると概算料金が下がる傾向にあります。
家族はもちろん、一人暮らしの人も遠方に引っ越す場合は、平日に引っ越すのがおすすめです。
特に、火曜日から木曜日は有給休暇を取っても連休になる可能性が低いので、仕事や子どもの関係で難しい場合を除き、火曜日から木曜日を引っ越し日を選びましょう。

引っ越しの概算の料金を下げるには

・一括見積もりをする
・荷物の量を減らす
平日に引っ越しをする

まとめ

引っ越しの概算料金をどうしたら安くできるのか解説しました。
引っ越しにかかるお金を安くするためには、自分の引っ越しの概算料金を事前に知っておくことが重要です。
引っ越す前に概算の料金を知り、安くするためには、どのような方法があるのか自分にできる方法を選びましょう。
一番簡単な方法は、一括見積もりをして、複数の業者から見積もりを取って比較し、安い所を選ぶことです。

ポイント整理

・概算料金は事前に知っておく
・料金を安くするための方法は、たくさんある
・一番簡単な方法は、一括見積もりを取り、安い業者を探すこと